フォト
無料ブログはココログ

Mass Effect Andromeda

2015年6月20日 (土)

【MEA】In case you missed it

 どうせBioWareはすぐにネタを出さなくなるくせに、バイウィークリーで記事を書くとかいうこと自体無謀。

 でも、このファンのバカさ加減は、流石に私でもニコニコせざるを得ません(笑)。

http://blog.bioware.com/2015/06/19/in-case-you-missed-it-2/

 性別、人種などに気を使わないといけないEAは大変だけど。
 エイジアンとかがっつり無視されて、出てないけど、何も言わない島国の人ステキね。(他にはクソばかり固まってるけど) 

 暗いと不平を言うよりも(いや、それ違う)

 祈りましょう。祈る心を忘れずに。

2015年6月19日 (金)

【MEA】アカ、アオ、ミドリ、グンジョウイロ(それ違うから)

 予想するだけしておいて、結果が違ったら「前提が違った」など苦しい言い訳を垂れ流すのはまだよい方。頬被りしてして知らんぷりが、エコノミストの典型的やり口。
 かくいう私も過去記事を眺めていたら、NME(今やMEA)についてのワイルドゲスを書いていた。
 自己批判的に見てみます。
 
 まず、完全に読み違えていたのが舞台となる銀河で、「本銀河(皆が今いるここ)」と予想。それ以外の銀河にぶっとぶとは予想していなかった。いや、ほんとに、どうやって行ったのだろう?
 「フロンティアもの」という予想は当たっているとはいえ、場所はあくまでこの銀河の未開宙域を念頭に置いていた。前回のウォルタース氏インタヴューによれば、「この銀河は隅々まで手垢がついている」ということのようです。ME2じゃないけど、「銀河せまっ!」ですね(笑)。
 もちろんオープンワールド風味になるなど、これっぽっちも予想しておりませんでした。

 時期については、わりとロジカルに「シェパードの物語と同じサイクル(ME3最後ですでにサイクルは消滅しているが)で、十分に遠い未来」と予想していて、これはいいでしょう。ただし、ME3「緑」エンディングをどう処理するか、については当時から心配していた。

 「主人公は他種族もあり得る」と思ったのですが、「ヒューマン限定」でこれも間違えた。良く考えたら他種族はマルチプレイでプレイできるんですね。
 
 「物語はエピックである」は予想というより前提条件。リーパーズ並みの敵ボスキャラを編み出すのに苦労するのではないかと思っていたが、別銀河ならこれは何でもあり。むしろリーパーズがあまりにでかすぎて扱いづらかったのか、ME3で本当にシェパードが戦ったのは小型駆逐艦程度の、それも数えるほどの敵のみ。(しかもシェパードたち以外が倒したのもあるし)
 
 このように採点結果は悲惨ですが、ほっとしているのは、三部作のプリクエルではなかったこと。小説でも映画でも、ゲームでも、いまいちピンと来ないのです。辻褄合わせに汲々としているように見えるからか。SWTORのようにオリジナルの時代から遙か大昔のお話であれば、辻褄もさほど気にしないでよいのでしょうが、私の場合なかなか頭が切り替わらない。

 DAIの「ウォーテーブル」が、Civのようになったら困ると思っていましたが、そうはならなかった。テキストベースのあれで良かったとはいいませんけど。
 ME3の「ウォーテーブル」も、「アセット」ももう少し臨場感があっても良かった。

 フロンティアもので、エピックで、(銀河全体が)オープンワールド風味、となると銀河版「大航海時代」とか、もう世の中にいくらでもある「銀河帝国シム」であるとかが思いつくのですが、その線は是非避けて欲しい、と思います。帝国(植民地)経営ゲームがしたければ、他をやります。
 MEは、元々がケーシー率いるSWKotORを開発したメンツですから、惑星探査などの面は、むしろあの路線に戻ったらどうなんでしょうね。

 と、色々考えても、結局「緑」問題が気になって夜も眠れない感じです(笑)。
 アンドロメダで活躍するメンツが、一体「いつ」この銀河系から旅立ったのかも不明ですが、仮にME3エンディング前にすでに出発していたのであれば(250万光年の旅ですから)、「緑」問題はかなり無視することができる。クルー自体は「赤」、「青」、「緑」の分岐に影響されないのだから。
 この銀河と通信できるのかどうかも知らないけど、その通信相手がオーガニック(「赤」の場合)か、シンセシス(マシンとのハイブリッド、「緑」の場合)かくらいの場合分けは簡単でしょう。また、時折この銀河からアンドロメダを訪れる者たちの姿を場合分けするくらいは、BioWareなら平気だと思います。
 
 出発が、普通にME3エンディングより後であれば、超アクロバット的に「チャイ」にしないと、この場合わけはきついと思います。

 過去キャラについては「希望」しか言えませんが、特にジョーカーの代わりは見つけるの大変でしょうね(逆に「緑」の場合はなんと問題になりません)。宇宙船もさすがにノルマンディー号ではないでしょうし。そして、誰しもEDIは再登場すると思ってるでしょうね。「青」の場合でなければ。あるいは「青」の場合でも、都合よくバックアップを取っていたと考えれば。ん、その場合はやっぱノルマンディー号か?
 やっぱり頭痛がしてきたので、少し寝かせて考えてみます。

【MEA】ウォルタース、フリン、インタヴュー

 なかなか渋いサイトに、MEシリーズの(厳密にはME2からの)リード・ライターであり、今やクリエイティブ・ディレクターとなったマック・ウォルタース(Mac Walters)氏と、いつものスタジオGM、アーラン・フリン(Aaryn Flynn) 氏のインタヴューがありました。

http://arstechnica.com/gaming/2015/06/ars-sits-down-with-with-bioware-to-talk-about-mass-effect-andromeda/

 あちらのPCオタク系サイトでしょうか。

 ともかく、ウォルタースがMEAについて語るのはおそらく初。

 あまり収穫はなさげですが、(皆がもう知っている以外の)ポイントだけ、列記してみましょう。(MDとか、MLとか、ゲイダーさんみたいに、話自体がぶっとんでいて面白い人たちではないので、逐語訳はいらないかな)

・100%のBioWare印、Mass Effect印となることを保証する。(MW)

・フロストバイト・エンジンについては、EA全体の知見を活用できる。NBAゲームのようにプレイヤー自身の顔を取り込むことができるのは、画期的な仕掛けの一例だ。それをMEAに取り込むかどうかはわからないが。(MW、AF)

・MAKOの操縦性については、Need for Speedの開発チームの連中にも相談し、知見を得ることもできる。(AF)

・コンバットについては(ME1のようなスタッツ重視のWRPGのノリか、ME3のようなよりシューティングに近いノリか、そのどちらよりかハッキリ言うことはできないが)、ME3を起点にして発展させていくことになるだろう。ただし、進歩(成長)や選択の機会を与えるRPG要素が重要であることは学んでいる。(AF)

・声優はまだ誰も決めていない。過去作のキャラクターが登場するかどうかも言えない。(AF)

・サントラの作曲家についてもまだ話す段階にはないが、MEシリーズの「音響上の特徴」は残せるようにしたい。(MW)

・ME三部作では、銀河全体を最初から示してしまったことを後悔している。未開の部分があまり残されていなかったのだ。MEAでは、より小さな部分から始めることを目指す。それでもかなり大規模なものになるのだが、「これで銀河全部だ」とわかってしまうのではなく、探索すべき部分がたくさん残されているようにしたい。(MW)

・アンドロメダ星雲まで、この銀河からどのようにして移動したのか、マス・リレーを用いるのかどうか、についてはまだ言える段階ではないが、トレイラーでもオムニ・ブレイドの進化形を目にすることができたはずだ。これまでのものに改良や改革は加えるが、ファンであればこれまでとの繋がりはわかるようになるし、今度のものも好きになってもらえると思う。(AF)

・N7ロゴについても、過去作との繋がりを意識してもらう意図がある。仲間意識とチームの支援があること、(プレイヤーが)チームの一員であることを意味している。そのことがコンバットを含むゲームプレイ体験にうまく反映できるようにしたい。(AF)

・DAIのDAKと類似の「シタデル・アーカイヴ」的なものを導入するかどうか、コメントはできないが、DAKはかなり好評であった。プレイヤーが以前のゲームの体験を持ち込みたいと思ってもらえるゲームを開発するのは素晴らしいことであり、できる限りその思いを尊重したい。(AF)

・過去作でプレイヤーがなした選択は、MEAに持ち込まれるのか、という点についてはまだ話せない。いずれ話ができるだろう(AF)。

・プレイヤーがシリーズに没頭してくれたレヴェルに見合うだけの見返りを与えるのは大変な労力を必要とするし、悪魔的に複雑な開発を要求されるのだ。だが可能な限り、喜んでそれを試み続けたい。たとえ新しいゲームのストーリー自体も様々に大きく分岐していくのだとしても。(MW、AF)

・ファンアートなどの二次創作に捧げるファンの献身については、頭が下がる思いだ。逆にファンのために、シリーズを続けていくという大きな責任を背負っていることに気づかされる。(AF)

***

 DAKが誰に好評であるのか、私は寡聞にして知らないけど。

 アンドロメダ銀河までどうやって移動したのかについての質問は、さらりとかわされています。

 オープンワールド風味の意味合いは、少なくともMAKOを用いる点では惑星レヴェルでもあると思われますし、ウォルタース氏の発言からは、「アンドロメダ銀河」全体としてもその味わいを導入しようとしている感じは受けますね。

 過去作の体験を持ち込む点についても前向きに語っていますが、ME3エンディングとの辻褄合わせを避けて通れないのではないかと危惧されます・・・。この際、「チャイ」で構いませんけどね!
 だって「緑」の場合、どうするんだよっ!

2015年6月17日 (水)

【NME】アンドロメダッ

 今のところ、スマホの狭いキューポラからE3を覗くしかない私ですが。
 100ガバス取られてもいいから、密かに今年度中リリースを期待していたんですよね・・・。

 ネーミングが「アンドロメダ」とは随分ベタな感じですが、逆にベタベタに王道を突き進むという気概が感じられますね。

 BGMも「これはウェスタン、フロンティアの物語」であるとわざとらしく伝えてくるし、カナディアンの会社とはいえ、もう気分はアメリカン。

「シェパードのストーリーアークと同一時期の物語だが、両者間に関係はない」という縛りを満足するのはこれ(既知銀河の外)しかなかった、のかなあ、と言われてから気がついたのですが、BioWare Blogを読むと、シェパードの時代から「かなり後」の物語なんですね。むむむ。ME3のエンディングを引きずるつもりなのか? やめといたほうが・・・。
 
 Fallout4とリリースがかぶらなかったのは一安心、ではあるけど、私の中の序列は、洋ゲーに限れば、DA>ME>Fallout=TES>The Witcher>その他、なんですよね。痛し痒し(笑)。

 なお、こちらはMEの正統なサクセッサーということでしょうが、計画されていたBioWare新IPはどこかで触れられていたのでしょうか。
 やはり苦戦しているのかな。新しい柱を打ち立てるのはやっぱ相当大変なんでしょうね。三本目・・・、んー(SWTORに敬意を表して(笑))四本目?
 

2015年5月27日 (水)

【NME】別の銀河?

 これはもう旧聞に属するでしょうが、とにかく、DAIとかそんなこんなで忙しくて気が回らなかった。しかも、BioWareからはなんら発表はない。

http://www.gamespot.com/articles/mass-effect-4-details-allegedly-leaked-via-online-/1100-6426752/

 元情報はリークですね。別の銀河が舞台?

 あれだな、古くはハインラインの小説「宇宙の孤児」とかTVドラマの「ギャラクティカ」。あるいは最近のアニメでは、なんとかの騎士。「シドニアの騎士」か。

 いわゆるノアの方舟もの。

 リーパーズの襲撃を、本気に受け止めたカウンシルのごく僅かの連中が、密かに銀河のみんなの移住先を別銀河に探すということでしょう。
 そのコンセプト全体が、タリちゃんたちクアリアンの移民船団だったんだけど、あれは母星系への帰還が目的だったから「違う」とこじつけるんだろう。ゲスというひねりの味付けもあったし。

 ゲームインフォーマーがE3に向けて、「プレゼンを期待するゲーム」をユーザーの投票で選んだ。
 トップがNew Mass Effectだったそうな。

 そりゃ、ちょっとだけリークされたら、見たいと思うのが人情でしょう。これも一種の「売り惜しみ」、「出し惜しみ」。サントリーが得意とするデ・マーケティングです。 

http://www.gameinformer.com/b/features/archive/2015/05/25/readers-respond-mass-effect-fallout-4-and-ea-lead-e3-anticipation-.aspx

  1. Mass Effect
  2. The Last Guardian
  3. Deus Ex: Mankind Divided
  4. No Man's Sky
  5. Scalebound
  6. The Division
  7. Halo 5: Guardians
  8. Persona 5
  9. Star Wars: Battlefront
  10. Star Fox
  11. Star Wars (Visceral, Other)
  12. Gears of War (New)
  13. Rise of the Tomb Raider
  14. Final Fantasy XV
  15. Kingdom Hearts 3
  16. Mirror's Edge
  17. Street Fighter V
  18. Uncharted 4: A Thief's End
  19. Xenoblade Chronicles X
  20. Batman: Arkham Knight

 このリストはそれだけではなく、他もとっても興味深い。ただ、ラインナップを眺めていると、投票したのは玄人筋、というか、すなわちおっさんおばはんであることは疑いがない。

 あれ? CoDは? BFは? 毎年出してるんだから、GTAのようにシーズンの隙間というわけでもないだろう。
 RPGは死んだとかほざいた奴もいたが、とんでもない。ぜんぜん健在。逆にFPSがHaloの他は入っていない。The DivisionはT(サード)PSだし。(まーこれも、おっさんおばさんが投票したという根拠のひとつでもあるが)

 それから島国ゲーはもう死んだとかほざいていた奴もいたが、めちゃめちゃ入ってますがな。(まーこれも、おっさんおばさんが(略
 んー。スターフォックス・・・。
 まあ、任天堂にも頑張ってもらわないとねっ!

 それから、下はリリース・シーズンの隙間などの理由も含め、とんと音沙汰ない集。
 Falloutは言うに及ばず、メトロイド、ソウル・キャリヴァー。渋い。ラインナップが渋すぎる。

 んー。Fゼロ・・・。ポケモン・・・。
 まあ、おっさんおばさんにだって、ちっちゃいお子さんとかいるしねっ!

  1. Fallout 4
  2. Metroid
  3. The Elder Scrolls VI
  4. Red Dead Redemption 2
  5. Splinter Cell
  6. God of War
  7. Half-Life 3
  8. Guerrilla Games (New IP)
  9. F-Zero
  10. Pokemon
  11. Plants vs. Zombies: Garden Warfare 2
  12. Soul Calibur VI

 最後に、HD化希望のタイトル類。

  •   Batman: Arkham Asylum/City
  •   Gears of War
  •   Halo: The Master Chief Collection (PC)
  •   The Legend of Zelda (Twilight Princess or Skyward Sword)
  •   Mass Effect Trilogy
  •   Uncharted Trilogy
  •  ついこの間も書きましたが、Batman。洒落じゃなくゲームとして本気で面白いです。ただ、「どんな悪だろうが殺さない」ポリシーが私は嫌なので、そこがちょっとね。
     ME三部作か・・・。PCではまだ今でもバリバリに動くんじゃないかと思うが、PS4/XOneに欲しいということね。
     私の場合はPS4もいつ手に入るかわからんので「頑張ってね」としか言えない。 

     New Mass Effect、来年(2016年)3月までにリリースされるのかどうか。私はこの間の記事で、「されないでしょう」に100ガバス賭けてしまっています。どうなるんだろう。

    2015年4月 9日 (木)

    【NewME】世の中株です。ゼニカネです。

     New Mass Effectのリリース時期が載っていたとのコメントいただいて探したら、こんな記事がありました。これでしょう。

    http://www.express.co.uk/entertainment/gaming/569262/Mass-Effect-4-release-date-EA-top-line-2016

     マーケット・アナリスト(いわゆる株屋)でゲーム業界を担当するMichael Pachter のレポートで、EAの決算から考えて、2015年度(EAの会計年度は4月スタートです)にリリースされるだろうタイトルを数え上げています。

    【年度いっこ間違えてました】

     Mass Effect 4
     Mirror’s Edge 2
     a new Need For Speed game
     Star Wars: Battlefront

     それから2014年度終了間際のリリースであったBattlefield Hardlineの再発注もかかるだろうと。

     こんな話はもううんざりの方は我慢していただくとして、書いてしまえば、ずばり、世の中はカネです。
     株式上場会社のメガパブリッシャーであるEAとしては、とにかく株価を支える必要があります。
    (詳しい話は省きますが、株価は将来(一般にどこまでかの終わりは想定していない)の会社の収益性を数値化したものです。よって株価をあげるためには、将来収益が出るよ、とマーケットに思いこませなければならない。そしてマーケット(実際に株を売買する機関投資家とか個人)は株の予測屋であるアナリスト(たち)の意見を参考にしたりする。

     そしてEAのようにアメリカ企業の場合、本来は四半期(三か月)ごとの決算(およびその予測)にマーケット(すなわちアナリストたち)が一喜一憂して株価が上下したり、社長(CEO)がクビになったりするんですが(超単純に書いています)、ゲーム・パブリッシゃーはその点お目こぼしがある。

     なぜなら、映画製作会社と同じで、コンテンツの生産には結構な時間がかかるから(マーケの連中は一般に、将来の製品リリースの時系列的な繋がりのことを「製品パイプライン」なんて呼んだりしますが、それの時間軸がやたらと長い)。そしてコンテンツの当たりはずれが大きいから。三か月単位では読み間違う。
     でもさすがに、最長一年。ご承知のとおり、アメリカのおもちゃ(トーイ)の売り上げのほぼ80%から90%はある一か月にまとめて発生する。そう、クリスマスを含むホリデイシーズン。だから、マーケット(しつこいが、すなわちアナリスト)も一年は待ってくれるのだ。

     記事によれば、くだんのアナリストは、ME4(BioWareは以前から、「ME4いうな」と怒っていて、「"New Mass Effect"呼べ」と言っていますが)のリリースは、おそらく2016年の1月から3月の間ではないか、と予想している。ME2が2010年1月、ME3が2012年3月のリリースであったから。

     これも「世の中ゼニです」の発想に立てば、予想でもなんでもない。当たり前。

     ゲーム開発には時間がかかる。そして開発期間がなかなか読めない。突然、「次世代プラットフォームもやれ、全部同時リリースな」と言われて開発現場が往生するわ(DAO、そしておそらくDAI)、予想外のバグが出て解決に時間がかかるわ(ME2)、途中で偉い人からマルチプレイ入れろと横やりが入るわ(ME3)、あるいはマルチプレイに思いの他手間取るわ(おそらくDAI)、あげくコンテンツのリークがあって、ごっそりエンディングを書き直さなければならなくなるわ(ME3)。

     BioWareのDAとMEシリーズで、リリース時期に延期がなかったのって、確かDA2だけかな(ME1のことはあまりよく覚えていませんから、それもかな)。

     そうなると、EAマーケから「できるだけ早く完成させろ、おら」と叫ばれる以外に、なんの基準もなくなりますから、「可能な限りすぐ」という、むちゃくちゃなスケジュールを余儀なくされてしまう。
     そこで、基準として、ひとつは「ホリデイ・シーズンに間に合わせんかい!」というものが使われます。果たしてヴィデオゲームが、本当にホリデイ・シーズンだけに売れているのかどうか怪しいものがあるが(Steam?)、その時期に間に合えばメディアに取り上げてもらえるので露出にはなる。まあ株を買ってる人たちなんて、まずゲームしないからね。ゲームの中身は知らないのだ。

     それに間に合いそうもないように(アナリストから)見える場合(今回がそうでしょう)、会社(EA)の会計年度を持ちだすんですよ。今度はマーケではなく財務、CFOから「今年度中にはゼッタイにリリースしろ」と指示が出る、と踏んで。
     そのデッドラインがEAでは3月末。よって、リリース時期は1月から3月に集中する。

     業界アナリストですから、そのような表面的な情報以上のものを持っている可能性はゼロではないが、大抵の場合は「ない」と思ってよい。だって、当のパブリッシャー自身、いつ完成するかなんてわからないんだから!

     だから2016年1月から3月にリリースされると、いいね!というのには同意ですが。
     その次の電車は・・・。2016年11月(ホリデイシーズン狙い)・・・。いやーーっ。

    (余談)あー、個人的にはさして興味のない"Mirror's Edge 2"のリリース時期のリークを、またしてもMSがやらかしていたんですね。間違っていたらしいけど。MSのリークは、もはやお家芸か。

    2014年8月 9日 (土)

    Adieu!

     ケーシー・ハドソンがBioWareを去ってしまう。

     何があったのか、何を目指すのかはわかりませんが、New Mass Effectも、New IPも、彼以外の者の手によって完成されることになった。

     スタジオGM、アーリン・フリンが惜別の辞を述べている。BioWare Blog。

    http://blog.bioware.com/2014/08/07/casey-hudsons-departure-from-biowareea/

    ***

     BioWareにおいて16年近くゲーム開発に携わった後、エクゼクティヴ・プロデューサーのケーシー・ハドソンはBioWareを離れ、人生の新しいステージに立つ決意をした。我々は、彼がBioWareとともにあった時代を振り返り、その熱心な仕事ぶりと献身について、ケーシーに感謝したい。

     Neverwinter NightsMDK2 のテクニカル・アーティストとしてキャリアを開始した後、ケーシーは、2003年のゲーム・オヴ・ザ・イヤーに輝いたStar Wars: Knights of the Old Republic の開発でプロジェクト・ディレクターの役割を果たした。彼がその後、そのチームを引き連れて開発にあたることになったのがMass Effect 三部作であり、それは各種の賞に輝くシリーズとなり、私個人も、そして他の多くの者たちも、我々の世代の最も重要なサイファイ宇宙のひとつであると考えている。ケーシーのこだわりは製品品質、デジタル・アクティング・テクノロジー、そして心を掴んで離さない物語に向けられ、それらはBioWareのみならず、ヴィデオゲーム業界全体に対して大きな影響を与えることとなった。

     ケーシーは、本日朝、同僚たちに送ったレターの中で、その思いを吐露している。

    「人生丸ごと分の驚くべき経験をすでになしてしまったという感じがする体験の後で、私はリセット・ボタンを押し、BioWareを去ることにした。本当に必要だと感じていた休暇のときを過ごし、人生の次のフェイズで本当にやりたいことは何かを突き詰めて考え、新しい挑戦に踏み出すことにする。  

     このような変化が容易に行えるときなどというものは決してないのだとしても、私は今がそうする最良のときであると信じている。我々の新しいIPの下地は完成し、チームは、インタラクティヴ・エンターテイメントを再定義することになるだろうと私が考えているタイトルの製造開始前のフェイズに進む。次のMass Effect作品も鋭意開発中であり、素晴らしい素材とプレイアブルなビルドを見れば、チームが今までで最良のMass Effect体験を提供できるに違いないことがわかる。そして、Dragon Age: Inquisitionのチームは、私がゲームの世界で目にした中でも最も美しいヴィジュアルを有する、真に野心的なタイトルの最後の仕上げに勤しんでいる。

     しかし、私が変化のときが来たと感じている一方で、これが私のキャリアの中で最も難しい決心であったことは疑いようもない。BioWareは、私が勤め始めた頃と変わらず、今でも魔法のように魅惑的な場所である。我々が携わるプロジェクト群は、世界で最も刺激的で、誉高いものである。我々のチームの者たちの才能には比類ない。そしてここの人々の中には、私個人の最も近しい友人たちが含まれている。君たちの多くと過ごした時間は、私が家族と過ごしたそれよりも長く、そしてその毎日が楽しいものだった」

     ケーシーはまた、BioWareファンたちへの感謝のメッセージを残している。

    「ゲームの仕事に携わるずっと前から、私は、驚くべき、忘れがたい経験が待つ場所に私を送り込んでくれるゲームの力に魅了されていた。私がゲームの中で実際に使われることになる一番最初の素材を作った時(MDK2の中のレーザーの稲妻だ!)、私は、インタラクティヴ・エンターテイメントを創造するプロセスに幾ばくかでも貢献することができる自分が、どれだけ幸運であるのか信じることができなかった。

     今、四つのメジャー・タイトルの開発を主導してきた後、私はそれらのゲームを創造する過程で役割を果たせることの重大さを、心の底から感じることができる。とても多くの君たちが、我々の創造した世界の中で楽しいときを過ごしてくれるという考えそのものが、私のキャリアを特徴づける業績であり、そして君たちの長年にわたる支援があってこそ、成し遂げることができたのだ。

     ありがとう。

     我々のプロジェクトは、確かな腕を持つ者たちに委ねられることになるし、今後は私自身も君たちと同じように、それを遊ぶ楽しみを待ち焦がれることになるだろう」

     愛情を込めた別れの言葉として、私はスタジオ全体に成り代わって、ケーシーの仕事熱心さ、情熱、長年にわたって我々に教えてくれたすべての事柄について、永遠に感謝したい。それは品質に対する系統だった専心、チームワーク精神と仲間意識、そして何よりも先にファンのことを考えることである。しかし中でもとりわけ、ケーシーがスタジオの我々ひとりひとりに、明日は今日よりもより良くなるように要求し続けて来たことをあげておきたい。我々はその精神に則り、目標と進歩に対する自信を持ちながら、Dragon Age: Inquisitionを完成させ、新しいMass Effectゲームと新しいIPプロジェクトに携わることになるのだ。

     ケーシー、ありがとう。これは終わりじゃない、新しいはじまりなのだ。

    ***

     おそらくどこの会社でもこのような感じの惜別の辞が送られるんでしょうね。スタジオGMは、いわば「工場長」、「開発所長」の立場でしょう。 

     "The Final Hours of Mass Effect 3"の中でケーシーへのインタヴューが読める。

     「ヴァージン・ギャラクティック」の宇宙船で地球の外に出てみたいかと尋ねられたケーシーは、興味がないと答えていた。パッセンジャーでいるよりも、パイロットでありたい(自家用飛行機の操縦は彼の趣味のひとつ)。 

     BioWare/EAも巨大企業になっちゃいましたから、ケーシーほどの業績があっても、なかなかままならないのかもしれませんね。

    2014年7月20日 (日)

    【DAI】Raptr Q&A お気に入りトーク

     ようやく、Raptr Q&Aを読む時間ができたので、お気に入りのQ&Aだけ並べてみましょう。

     1. 残念ながら全部読んだわけでもなく、よって網羅的(exhaustive)でもなく、

     2.重要性の原則に従っているわけでもなく、

     なぜなら、(1)自ら「この質問は重要だ」、「これから重要な質問をする」というやつに限って、ゴミクズのような質問であるし、(2)本当に「重要な質問」であれば、BioWareがこの場で答えるはずがないからだし、そして、(3)私自身がゴミクズにはなりたくないからだ。

     3.ファンまたはBioWareのおっさんたちが愉しそうなものを選んだ。

     2.の(1)が「必ず」ゴミクズであるのは、本来何が重要かは、作り手(この場合BioWare)が予算(99%これと同義だが納期)制約下で選ぶことだったり、または、そもそも努力しても決められないことであるのに、質問者が「自分にはわかっている」と言っている時点で明らかでしょう。

     範囲としては、「ゲームプレイ」のところから読みはじめたので、以下その部分だけやります。気が向いたら「コンパニオン」もやるかも。

     次は、私の目を見開かせてくれたQ&A。 というか、このひとつのQ&Aを読んでいて、私にふいにマザー・メアリーかどちらの方のものかわかりませんが啓示が下りました。そう、"Let it be."と(ちがうやん)。ではなく、「意外に、ブログのネタ転がってんじゃねえの?」という俗物の啓示。

    Q: Will all areas be available from the start or will they unlock as we progress along the main quest?
    A: Some areas will be unlocked once you have a rational reason to visit them (MD)

    Q すべてのエリアはよーいどんの時点で開かれているのか、メイン・クエストの進展にあわせて徐々にアンロック(開放)されるのか?
    A いくつかのエリアは、そこに訪れる合理的な理由が生まれたときにアンロックされる。(MD) 

     「オープンワールド」の定義って、少なくともそのひとつはこれだったのですね。その定義の範囲においてDAIはそうではなく、Skyrimはそうであることにようやく気が付いた。 

    Q: Will there be a good amount of side missions?  Will organizations like the Blackstone Irregulars, Friends of Red Jenny, The Mages' Collective, and The Chantry Board quests make a return?  Or at least something similar?
    A: Yeah, there's a goodly dose of side missions, though we've tried to contextualize most of them to make sense as something the Inquisition would do to either win the hearts of people or otherwise grow the Inquisition's power.
    Oh, and Red Jenny.  There will be some Red Jenny. Because I've wanted to answer "who ARE they?" for a while now. (ML)

    Q サイド・ミッションは沢山あるのか? ブラックストーン・イレギュラーズ、フレンズ・オヴ・レッド・ジェニー、メイジズ・コレクティヴ、そしてチャントリー・ボード・クエストのように各組織が報酬を用意しているのか? 少なくともそれに似たものか?
    A そう、サイド・ミッションはかなりあるが、我々はそのほとんどをインクイジションが民心を掴むためか勢力を増すために活動する文脈の中で関連付けられるように狙った。
     そうそう、レッド・ジェニー。レッド・ジェニーのもいくつかある。「彼ら一体誰なんだ?」と長い間持たれていた疑問に答えたかったからね、(ML) 

    (サイド・ミッションがメイン・クエストにほぼほぼ関連づけられている。これは「オープン・エンド」の定義を教えてくれる(つまり、DAIはそうじゃない)。Skyrimでは、あまたのミッションやクエストがゲームの「世界観」だけに紐づけられていて、メイン・クエストとは無関係。そもそもSkyrimのメイン・クエストは、存在はしているものの、ゲームの中に占める割合は小さい。インクイジションがDAIの中に占める割合は、ほぼ全体と同義、となるのでしょう)

    Q: Which other Dragon Age game does Inquisition play like?
    A: Dragon Age 4 (MD) 

    Q インクイジションのプレイは、どのDAゲームに近いのか?
    A DA4。(MD)  

    (大好きです(笑))

    Q: Will there be cake?
    A: Iron Bull already ate it. (?)
    it is a lie (MD)
    TOPICAL!

    Q ケーキは出てくるか?
    A アイアンブルがもう食べちゃった。(?)
      うそうそ。(MD)
      旬ネタ!(TOPICAL!)

    Q: You've talked previously about non-combat based solution to quests. Can we assume that these alternatives still feature in the game?
    A: Some quests (?)
     

    Q 戦闘以外のクエスト解決策に言及していた。ゲーム内にその趣向は残されているか?
    A いくらかは。(?)

    Q: To what extent will we be able to customise the Inquisition?
    A: Some extent (?)

    Q インクイジションのカスタマイズはどのくらいまで可能か?
    A いくらかは。(?)

    Q: Without spoiling, could you elaborate on the number of endings available and how these will be presented (for example, a slide show like Origins or various cut scenes)?
    A: Not without spoiling, no (?)

    Q ネタバレなしで、エンディングの数と、どのように示されるのか詳述してもらえるか? (たとえばDAOのスライドショウのようなものか、様々なカットシーンを用いるのか?)
    A ネタバレなしでは、無理だ。(?)

     上の三つ、いいっすねえ(笑)。

    Q: Does the origin of a dwarf Inquisitor have to be in the deep roads like in Dragon Age: Origins, or can you be a surface dweller?
    A: You are a surface dwarf if you are a dwarf in DAI (MD)

    Q ドワーフ・インクイジターのオリジンはDAOのようにディープロードか、それとも地表の住民か?
    A DAIのドワーフはサーフェス(地表)・ドワーフ。(MD)

    (他の質問から読み取ると、ディープロードは舞台に用いられないようにも思われたが・・・)

    Q: will we be revisiting orzammar or other dwarven citys
    A: No Orzammar in DAI (MD)

    Q オーザマーや他のドワーフの都市に訪れるか?
    A オーザマーはDAIに登場しない。(MD)
     

    Q: Will we see a dwarven settlement, camp or a thaig?
    A: ... yes ...  (MD)

    Q ドワーフの居住地、キャンプ、あるいはタイグは出てくるか?
    A ・・・、出てくる・・・。(MD)

    (ディープロードそのものは用いるのでしょうか。あるいは地表ドワーフの居住地を言っているのか。質問者はここまで追及しながら惜しいところでした)

    Q: If you get into a fight/battle with friendly npc's around (that aren't your followers) will they come and help you?
    A: If they are warriors, then typically, yes. (ML)

    Q 戦闘時、付近の(コンパニオンではない)味方NPCは手助けするか?
    A 彼らが戦士なら、普通そうするだろう。(ML)

    (DA2でも、ほんのちらりと出て来た趣向。特にカークウォールのゲートを警護する衛兵たち。それを定番化したんだろうか)

    Q: Hawke is main antagonist ?
    A: Umm what? (MD)

    Q ホークが敵のボスでしょう?
    A んー、えっ? (MD) 

    (この手のが、私は大嫌い) 

    Q: Will some of the major choices in DA:I be very black and white like the Amaranthine choice where you have to choose one of the other, or will there be ways to have multiple outcomes on major choices if you do just the right things at the right time?
    A: Little from column A, little from Column B. (ML)

    Q DAIの重要な選択の中には、アマランティンの選択のように黒か白かハッキリわかれるものがあるのか、それとも、プレイヤーが適時に適宜なものを選べば重要な選択はさまざまな帰結を生むことになるのか。
    A どちらもある。(ML)

    (マイクの回答の意味はレストランのメニューによくある「Aからひとつ、Bからひとつお選びください」を想起すればよい。ことほどさようにマイクの言い回し(colloquialism)はあちらのローカル色がきつい)

    Q: Is DA:I "only" going to be in Orlais+Ferelden or all of Thedas? Tevinter, Nevarra, Antiva, Seheron/Par Vollen? And will we get to visit famous locations such as Val Royeaux, Minrathous, Starkhaven, Weisshaupt?
    A: Two countries isn't enough for you? (ML)

    Q DAIはオーレイとフェラルデンだけが舞台か? テヴィンター、ネヴァラ、アンティヴァ、セヘロン/パー・ヴォレンは? ヴァル・ロヨー、ミンラサウス、スタークヘイヴン、ワイズホプトのような著名な場所に訪れることはないのか?
    A 二つじゃ不満かい?(ML)

     (笑)。質問者はオタク知識をひけらかしたいだけである(しかもDAファンなら常識レヴェル)。

    Q: What is the level cap of the characters?
    A: 25-30 (MD)

    Q キャラクターのレヴェルキャップは?
    A 25から30(MD)

    (まさにこれこそ、「重要な質問」ですね。RPGのお約束から考えて、エキスパンション、DLCなどが、もしかしたら複数、大いに期待できる)

    Q: So Elven Inquisitors will be Dalish, Dwarven ones will be from the surface, Qunari ones will be Vashoth. Could you please tell us what background will Humans have? :)
    A: Nobel for non-mage (MD)

    Q エルフのインクイジターはデーリッシュ、ドワーフはサーフェス、クナリはヴァショス、では、ヒューマンのバックグラウンドを教えてもらえないか? 
    A メイジ以外は貴族。(MD)

    (これもどこかに出ていたかもしれないけど、「重要な質問」。原文はサイト管理のファンのミスタイポかな。Nobleでないと意味通じないね)

    Q: What is the name of the little fox like creatures?
    A: Fennec (MD)

    Q ちっちゃいキツネのような生き物はなんていうのか?
    A フェネック。(MD) 

    (重要な質問が続きましたね(うそつけ!)。いーえ、キツネ様は重要です)

    Fennec

    Q: Depending on what we did in past games say get Dagna in to the Circle of Magi to study magic could there be any possibly that there could be a chance of dwarfen mages or dwarfen magic? (or what we do in future games)
    A: No Dwarven mages

    Q 過去のゲームのプレイヤーの選択によって、たとえばダグナを魔法の研究のためサークル・オヴ・メジャイに送り込んだとしたら、ドワーフ・メイジやドワーフの魔法が(将来のゲームを含め)生まれる可能性があるのか?
    A ドワーフにメイジはいない。

    (実は、ダグナの名前はDAIのデモ画像に登場します。なにかの発明をしたらしいが、それはエンチャントメントの分野だったような気がする)

    Q: Will the demons be able to win?
    A: Yes but that would suck (MD)

    Q ディーモンが勝つことはあるか?
    A あるけど、御免だね。(MD)

    Q: Is there a fast travel system?
    A: Yes but only to Inquisitions camps which you've setup in the world and which have your solders in them. (CL)

    Q ファスト・トラヴェル・システムはあるか?
    A あるけど、世界中にプレイヤーが設置し、兵士が逗留しているインクイジションのキャンプ(群)に向かうときのみ用いる。(CL)

    (ファスト・トラヴェルにエルーヴィアンを用いたりすると無粋だし、小説と矛盾すると思っていたので、これは納得)

     とりあえずここまで。

    2014年4月28日 (月)

    この人は・・・。

     どうしてこう、ヘイト集めるようなことばかりするのだろう。

     DAIには関わらないでほしい、Stay out! 

     「ふぇりしあさん、お・ね・が・い」(マイメロの声で)

    Felicia_thane

    2014年2月20日 (木)

    【NewME】The New Mass Effect Game(2)

     New MEの舞台となる時代がME3のエンディングから「十分に遠い未来」であると考えた場合、かなりよさげになりそうではあるのですが、「緑」エンディングにどう辻褄つけるかが問題である、とまでお話しました。それを考えるのはもちろんケーシーたち開発者です。きっと陳腐な言い訳なんだろうなあとは思いながらも、それ以外の時代を舞台に選んだほうがずっと貧相な絵になるので、強引にこの線に持って行くと思うのですけどね。

     しつこく個人的希望を述べれば(「緑」エンディング問題は依然としてまとわりつきますが)、ME3エンディングから「さほど遠くない未来」、リーパーズを撃退した銀河諸文明がそれぞれの母星系で復興を遂げる姿を描くのがいいと思ってます。それなら主人公は複数の種族から選ぶという趣向も筋が通るし、オリジン・ストーリー的な味わいもある。そして(グレイ・ウォーデンのジョイニングのようにオリジン・ストーリーを束ねる仕掛けが必要ですから)ME3まででほとんど描かれなかったスペクターの話を絡ませ(つまり主人公は最終的にスペクターになる)、今まで描き切っていないME銀河の細部を描く(ME3時点で文明がカヴァーしているのは全銀河の1%に過ぎないそうです)。

     これまで「こうでなければならない」という視点からの話が続きましたが、もう少し広く「こうだったらどうなんだろう?」という話を少しばかり。

    1.シューターRPGのままだろうか?
     個人的希望はともかく、うまくいってるんだから、これはこのままじゃないんですかね。New MEも当然マルチプレイで(金銭というよりはどちらかといえば知名度を)稼ぐつもりでしょうから。ME3でいきついた境地をみすみす棄てるのももったいない。
     変えるとしたらメレーに比重を寄せてカイ・レンの使っていた(ニンジャトー)よりもうちょっとましなソードとかアックスでも入れますかね。SWTOR(あるいはSWKOTOR)のようにライト・セイバーぽい武器を多用するのは今更難しいかも。
     この路線を踏襲するなら、武装の違いをもう少しハッキリしてもらうとありがたい。重火器を除くと(ソロプレイに限って言えば)どれもこれも一緒に感じるので。

    2.主人公はヒューマン?
     男女別は間違いないとして、DAO、DAIのように「主人公を複数の種族から選ぶ」趣向はきっとやってくると思っているのですが、どうでしょう。
     またしても開発期間に影響を受けてしまってDA2みたいにヒューマン・オンリーになる?
     以下、エキスパンションやDLCまで含んだ総売上ユニット数(total units sold)。単位は百万本。

    Dragon Age 4.13
    Dragon Age 2 2.26
    Mass Effect 3.45
    Mass Effect 2 4.68
    Mass Effect 3 5.05

     DA2の轍はもう踏まないと思いますけどね。
     ME3で多少話題に出てきた、テューリアンの規範的な社会とか、アサリ(性別はないけど)の複雑な家族関係とか、ネタはいくらでも転がってます。でも見渡す限り周り中がサラリアン・・・。んー。

    3.ノルマンディ号の代わりは?
     ME WikiによればME3のエンディングの後、マス・リレーが復旧したことになってるのは既成事実だそうだ。私は何かを見落としていたのかな。
     ということは、依然として銀河航行手段は変わらない。問題はノルマンディ号の代わりとなるヴィークルですね。
     ME三部作にはいわゆる単座や複座のファイター(宇宙戦闘機)が活躍するシーンは、一部ゲスのものを除くとありませんでしたよね。サーベラス・ファイターってのも実際画面に登場したわけではなかったかな? 空中戦(ドッグファイト)はほとんど(まるで?)なく、艦隊戦闘がメインであった。
     主人公が「艦長」ではなく「ファイター・パイロット」ってのはあるかもしれませんね。スペクターの役どころと親和性高そう。ファイター単機がマス・リレーを通過できるとは思えないので母艦とセットで登場でしょう。ドッグファイトのミニゲームは正直あんまりいらないけど・・・。

    4.エピックな敵が必要?
     リーパーズ再利用は勘弁でしょうから、ラクナイ級のプレダトリーな種族やサーベラス並みに悪辣な集団を編み出せばいいのではないでしょうか。文明の勃興・復興時や時代の変革期に必ず暗躍する悪のシンジケートとかね(もろサーベラスですが)。
    (すでにNew MEに登場すると思われる新種族のデザインがふたつばかりできあがっているとも言います)
     どこかに書いてありましたが、ME三部作のリーパーズは実は「宿敵・仇敵」ではなく、「物語の背景」ですね。お話を駆動して前に進めるための力。直接対決するシーンは本当に数えるほどしかなかった。本当の意味での宿敵の役割はサーベラス、イルーシヴ・マンが担っていたわけです。

     次もまた「銀河文明滅亡の回避」がテーマでは芸がない気もします(そしてリーパーズの「収穫サイクル」を上回るアイデアなんてそうはない)。「探索と発見」でも十分エピックな物語になると思うのですが。フロンティアもの。

    5.クローガン?
     エンディングと個別クルーの生死以外で重大な分岐といえばジェノフェイジ。
     何らかの形でジェノフェイジは治っちゃったことにするんじゃないでしょうか。あるいはグラントのような存在が復活の道を切り拓くとか。フェイク・キュアをばらまいたプレイヤーの選択を無視することになるけど、シェパード三部作の間ならともかく、こんなしんどい場合分けを別のストーリー・アークまでずっと引きずるとは思えません。

    6.ゲス?
     ゲス・クォリアン戦争も同じくらい重大な分岐を生む。クォリアンがラノック奪還に失敗したらどのエンディングであっても後の時系列には登場しないことになる。ゲスはそれまで生き残っていたとしても、「赤」エンディングの場合に全滅する。
     主人公種族をヒューマンに限定しない場合を考えると、上のクローガンと同じく重大な話になってしまうかもしれない。クローガンとクォリアンは主人公種族の選択肢にならないのです。(ゲスは・・・、最初からやめとこ)

    7.ロマンスはあるのか?
     聞くだけ野暮でしょうが・・・。ヒューマン以外の主人公とLI? これはこんがらがりそう(笑)。