フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】500時間を超えたが、まだまだ。 | トップページ | 【DAI】エンドゲーム(1) »

2015年4月 9日 (木)

【NewME】世の中株です。ゼニカネです。

 New Mass Effectのリリース時期が載っていたとのコメントいただいて探したら、こんな記事がありました。これでしょう。

http://www.express.co.uk/entertainment/gaming/569262/Mass-Effect-4-release-date-EA-top-line-2016

 マーケット・アナリスト(いわゆる株屋)でゲーム業界を担当するMichael Pachter のレポートで、EAの決算から考えて、2015年度(EAの会計年度は4月スタートです)にリリースされるだろうタイトルを数え上げています。

【年度いっこ間違えてました】

 Mass Effect 4
 Mirror’s Edge 2
 a new Need For Speed game
 Star Wars: Battlefront

 それから2014年度終了間際のリリースであったBattlefield Hardlineの再発注もかかるだろうと。

 こんな話はもううんざりの方は我慢していただくとして、書いてしまえば、ずばり、世の中はカネです。
 株式上場会社のメガパブリッシャーであるEAとしては、とにかく株価を支える必要があります。
(詳しい話は省きますが、株価は将来(一般にどこまでかの終わりは想定していない)の会社の収益性を数値化したものです。よって株価をあげるためには、将来収益が出るよ、とマーケットに思いこませなければならない。そしてマーケット(実際に株を売買する機関投資家とか個人)は株の予測屋であるアナリスト(たち)の意見を参考にしたりする。

 そしてEAのようにアメリカ企業の場合、本来は四半期(三か月)ごとの決算(およびその予測)にマーケット(すなわちアナリストたち)が一喜一憂して株価が上下したり、社長(CEO)がクビになったりするんですが(超単純に書いています)、ゲーム・パブリッシゃーはその点お目こぼしがある。

 なぜなら、映画製作会社と同じで、コンテンツの生産には結構な時間がかかるから(マーケの連中は一般に、将来の製品リリースの時系列的な繋がりのことを「製品パイプライン」なんて呼んだりしますが、それの時間軸がやたらと長い)。そしてコンテンツの当たりはずれが大きいから。三か月単位では読み間違う。
 でもさすがに、最長一年。ご承知のとおり、アメリカのおもちゃ(トーイ)の売り上げのほぼ80%から90%はある一か月にまとめて発生する。そう、クリスマスを含むホリデイシーズン。だから、マーケット(しつこいが、すなわちアナリスト)も一年は待ってくれるのだ。

 記事によれば、くだんのアナリストは、ME4(BioWareは以前から、「ME4いうな」と怒っていて、「"New Mass Effect"呼べ」と言っていますが)のリリースは、おそらく2016年の1月から3月の間ではないか、と予想している。ME2が2010年1月、ME3が2012年3月のリリースであったから。

 これも「世の中ゼニです」の発想に立てば、予想でもなんでもない。当たり前。

 ゲーム開発には時間がかかる。そして開発期間がなかなか読めない。突然、「次世代プラットフォームもやれ、全部同時リリースな」と言われて開発現場が往生するわ(DAO、そしておそらくDAI)、予想外のバグが出て解決に時間がかかるわ(ME2)、途中で偉い人からマルチプレイ入れろと横やりが入るわ(ME3)、あるいはマルチプレイに思いの他手間取るわ(おそらくDAI)、あげくコンテンツのリークがあって、ごっそりエンディングを書き直さなければならなくなるわ(ME3)。

 BioWareのDAとMEシリーズで、リリース時期に延期がなかったのって、確かDA2だけかな(ME1のことはあまりよく覚えていませんから、それもかな)。

 そうなると、EAマーケから「できるだけ早く完成させろ、おら」と叫ばれる以外に、なんの基準もなくなりますから、「可能な限りすぐ」という、むちゃくちゃなスケジュールを余儀なくされてしまう。
 そこで、基準として、ひとつは「ホリデイ・シーズンに間に合わせんかい!」というものが使われます。果たしてヴィデオゲームが、本当にホリデイ・シーズンだけに売れているのかどうか怪しいものがあるが(Steam?)、その時期に間に合えばメディアに取り上げてもらえるので露出にはなる。まあ株を買ってる人たちなんて、まずゲームしないからね。ゲームの中身は知らないのだ。

 それに間に合いそうもないように(アナリストから)見える場合(今回がそうでしょう)、会社(EA)の会計年度を持ちだすんですよ。今度はマーケではなく財務、CFOから「今年度中にはゼッタイにリリースしろ」と指示が出る、と踏んで。
 そのデッドラインがEAでは3月末。よって、リリース時期は1月から3月に集中する。

 業界アナリストですから、そのような表面的な情報以上のものを持っている可能性はゼロではないが、大抵の場合は「ない」と思ってよい。だって、当のパブリッシャー自身、いつ完成するかなんてわからないんだから!

 だから2016年1月から3月にリリースされると、いいね!というのには同意ですが。
 その次の電車は・・・。2016年11月(ホリデイシーズン狙い)・・・。いやーーっ。

(余談)あー、個人的にはさして興味のない"Mirror's Edge 2"のリリース時期のリークを、またしてもMSがやらかしていたんですね。間違っていたらしいけど。MSのリークは、もはやお家芸か。

« 【DAI】500時間を超えたが、まだまだ。 | トップページ | 【DAI】エンドゲーム(1) »

ゲーム」カテゴリの記事

Mass Effect Andromeda」カテゴリの記事

コメント

なるほどなるほど。自分には、ちと難しい内容でしたけど勉強になります。
決算からの考えと株価のための予想ですね、というより「株価のために記事を書いた」という感じですか。

それにしても、この記事をチラっとみて表面的な情報から素直に喜んじゃいましたが、こういう記事には裏があるんですね。
これからは、確り考えて情報収集します(笑)

ありがとうございました。

今年度に出したいというのは間違いないでしょう。でもマルチプレイが標準装備になった今、本当にできるのかな、というのが率直な感想です。夏のゲームショウ待ちですね。
個人的には今年度はDAIのDLCで繋いでもらうと嬉しいです。

Amazon.comで検索すると、PS4/Xbox One版ME4の発売がDec 31, 2015となっていますね。
出来ればそうあって欲しいものですが、それにしてはゲームの情報が中々出てきませんね。
(ρ_;)

 お、MSならともかく、Sonyは信憑性高いかも。
 都合のよい情報だけ考えると、DAIのDLCも黙テンでした。
 ME3はMSから出たに決まってるひどいリークで、エンディングを丸ごとごっそり書き直す羽目になり、それが不出来で新ヴァージョンのエンディング(エクステンデド・カット)を無料で提供という前代未聞のバッドムーヴを余儀なくされ、SWTORのローンチの失望もあって、BioWare創業者のふたりが詰め腹切らされ、あげく嫌気さしたケーシーが完成後に退社した。
 元の秘密主義に戻ったかも、BioWare。
 だとすると夏のゲームショウ、刮目して待て!ですね。もうすぐだ、ヤバい、DAI早く周回重ねないと!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【NewME】世の中株です。ゼニカネです。:

« 【DAI】500時間を超えたが、まだまだ。 | トップページ | 【DAI】エンドゲーム(1) »