フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

【DAI】フェンリス・スペキュレーション

 DAチームから異動となったゲイダーさんが、Twitterで次のようにつぶやいていた。
"Writing Fenris again. Like slipping on an old pair of comfortable yet bitchy shoes"

「再びフェンリスを書いている。心地よいが癖のある、履きふるした靴に足を通したような気分だよ」

 次はスペキュる必要もなく、「DAの新しい小説を書いているんだな」ということが容易に想像できます。Twitterでも"It's for a book."と本人が追加している。

 ここから先がスペキュレーション。次のDAシリーズの展開について。

 いや、その前にお前はDAIのポスト・エピローグの謎を解くとか言っていなかったか? 何一つ解けていないんじゃないのか?
 謎を解くなど一言も言っていません。ちゅうか本格推理小説(トリック主体のパズラー)じゃないんだから、常に書き手側が後出しじゃんけんを使えるRPGの謎なんて解けっこありません。
 そうではなくて、エルフとテヴィンターの神々の習合などのモチーフがこれからも重要になる点であり、その発想はリアル地球のどこら辺から手に入れてくるんだろう、ソラスの言う「ピーポー」とは誰を、どの範囲を指すのだろう、それもまたリアル地球のどこら辺の歴史事件をリファーする気なんだろう、というあたりの興味は尽きないとは言いました。

 それらの謎は解けなくても、今後は「エルフ」(この範囲を定めること自体が「謎」に邪魔されるのですが)を軸に物語が回っていくのだろう、ということは、これも自然と想像ができる。

 「フェンリスが登場する小説を準備している」、このシグナルを、ゲイダーさんが出した(そしてEA/BioWareがそれを許可した)理由があるのだと思う。

 あーっ、そこ、フェンガールズたち! そうやってすぐ結論に飛びつかないっ!
 まず色々事情を整理してみよう。

・登場するのはコミックではない。コミックを"a book"とは呼ばない。
 ここは重要。DAルールでは、コミックはあくまで「外伝」扱いである。小説版は(既報のとおりワールド・オヴ・セダスVol2に"Last Flight"のガラヘル、イセヤなどが(史実の一部として)記載されていることからもわかるとおり)、BioWareの「正典」(カノン)の一部である。

・彼が主役なのかどうかは(可能性は大だが)わからない。
 まあ、普通に考えて主役でしょうね。素直に考えれば(文字通り)一匹狼の剣豪ものだ。
 以前、ゲイダーさん他ライターたちがヴァレンタイン・デイ・プレゼントかなんかと称して、各登場人物を主役にした掌編を書いて発表しました。ゲイダーさんが担当したフェンリス主人公のショートストーリーは、もろ剣豪ものであった。

・舞台背景となる場所、時期がわからない。
 ここはさすがにカギとなる情報なので、ゲイダーさんも無暗に渡さないでしょう。ざっくり二つのパターンにわけて考える。

①DA2プリクエル。カークウォールに出没する前の話。この場合はゲーム中で本人が語った物語を膨らませたものになる。そしてDAI以降には影響を及ぼすことはまずない。
②DA2シークエル。ホーク一派がカークウォールを脱出した後の話、これはDAシリーズ本編にフィードバックされる可能性が高い。

 ここで①を選べば、エンド・オヴ・ディスカッション。おしまいです。ただしDA2プリクエルは今更感が漂ううえに、商売的に考えるとマーケがとても困る。
 やっぱ「GOTY100以上受賞したあの名作DAIのプリクエル(シークエル)!」とやりたいじゃないですか。これが、「あのいまだに悪評たらたらだが、わかる人だけにはわかる、隠れた名作DA2の・・・」じゃあねえ。

 ここは②を選んでおきます。

 DAI以降(DLC含める)に登場する場合がある、と言い出すと、必ずヘイターどもが騒ぎ出すのが次。

・フェンリスは、DA2本編でホークがリクルートしない場合がある。所有者であるマジスターの元に連れ戻される場合がある。エンディング近くで殺される場合がある。
 小説版ではいずれもそうでなかった場合の設定を用いるのでしょう。すなわちそれが「正典」扱い。ホークとロマンス関係にあった、妹を殺した、などの分岐はクリティカルではないので、わかりません(どうとでもなる)。

(余談)DAOレリアナのように「チート・デス」、死をごまかすことはあるか。さすがに次は許されないと思いますけどねえ・・・。どうでしょうか。
 なお、DAOでレリアナがウォーデンに殺された場合(自分のプレイスルーでは一回もないが、DAKの石積み修行で作った)をインポートしたDAIプレイスルーでは、レリアナ本人が「自分でも死んだと思ったのに、どうして生きているのかわからない」と、たった二、三行だけ喋ってチャイになった。そしてウォーデンは「クソ野郎」扱いだ(当たり前だ)。証拠の画像見つけて後から貼っておこう(レリアナ、モリガンの話題の場合は手間暇を惜しまない、この態度)。
 
 だいたいここらへんまでで、整理できましたかね。
・フェンリスはDAI以降に登場する可能性がある(少なくとも書き手側はそれを念頭に入れている)。
・フェンリスはパーシステント・キャラクター(注)ではないので、登場する場合でもプロットの中心(たとえばコンパニオンとして同行)に据えることは難しい。
(注)常に主人公と行動を共にすることができるキャラクター。本編内で仲間に呼ばれなかったり、死んだり、逃亡・行方不明・拉致・追放の可能性がない。DAOにはひとりもいない。DA2(DAI)ではヴァリックのみ。アヴェリンには、ごくごく低い可能性だが、ホークに愛想を尽かす可能性がある。DAIカサンドラは、ディヴァインに推挙された場合は仲間から離れる可能性がある(はず)なので正確には違う。
 
 そう考えると、(ここらへんは完全にスペキュってますが)登場する場合、なんらかの合理的な背景がいるのではないか。

 で、(前にも書いたが)「事件の夜、犬は何もしなかった」的な次の傍証である。
・DAIには、過去作で登場したエルフが誰も(テキスト以外)登場しない。DAOゼヴ、DAOAヴェラナ、DA2フェンリス、メリル、・・・んー、タリス(厳密にはクナリだけど)。
タリス以外全員にリクルートしない場合、死ぬ可能性があり、やはりプロットの中心に据えることはできない。

・DAI以降のプロット上は、「エルフ」が重要キーワードのひとつとなることは、間違いない。

 そのエルフ繋がりの重要なプロットの味付けとして、フェンリスを含め、これら過去作のエルフたち(今作では当然ソラス、そしてセラ、ブリアラも)が、ごちゃーっと出てくるんではないだろうか。ひとりやふたり死んでいても、これだけいれば誰か生き残ってるんではないでしょうか。
 カサンドラとレリアナがインクイジションのリーダーとして、ウォーデンやホークをリクルートしようとしたように、ソラスがエルフ復興の組織の長を過去作の連中に求めたりして(笑)。

 最後に、指摘されるかもしれないので「敢えて考えなかった点」も書いておく。

・DAIストラウドのように、あるいはME3で多用されたように、本来登場すべき過去作のコンパニオンが死んだりして不在の場合(MEの例:レックス)に完全別人を代役(プレイスホルダー)として立てることはしない。
 
 これ、個人的感覚ではいまいちなんだよね。プレイスホルダーを使えば、死んでしまったかもしれないキャラクターにも大手を振ってプロット上の重要な立場を与えることができるのですが・・・。
 んー、現DAリード・ライターのパトリックはMEのライター時代に経験済みだからなあ・・・。やるかもなあ。 

2015年4月27日 (月)

【DAK】いっぺん、死んでみる?(能登さんっ)

 今時の若いもんは知らんでしょうが、あたしらのガキの頃は、自分の親戚や知り合いの親戚のおっかないおばさん(必ず女性である)の家に、大したことはないおやつ(いわゆる駄菓子)を餌に無理矢理遊びに呼ばれて(断るという選択肢も往年のFFのように全部Yesにループする仕組み)、仏教もどきのおっかない地獄絵図が描かれた絵本(笑)を見せられて、(ガキにとっては永劫に思える)長時間お説教を聞かされたものだ。
 いわゆる血の池とか、針の山とか、剣の森とか、どうせ嘘ついてるんだから針千本なんて朝飯前に呑むとか、その他諸々。

 クリスチャニティの「煉獄」(MEファンならご存知の"purgatory")がカソリック教会の資金集めのための「捏造」であるのと同様、無間地獄(注)もまた、「仏教」本来の教えとは何の関係もない。民間信仰がコンタミ(習合)したもの。

(注)阿鼻叫喚の「阿鼻地獄」とも。「無限地獄」じゃないからね。「無間」は、その文字のとおり絶え間ない苦しみ。テンポ360のヘビメタどころではない(テンポ言ってる瞬間に「間」があるから)。ただそれが未来永劫続くかどうかというと実は「無間地獄」に堕ちるような連中にとっては「続く」。その意味では「無限」。

 その絵本(笑)には、今ではテレ東以外絶対放映しないような、残虐な絵が多数掲載されていたのですが、まあ、あたしの場合は別な親戚のおっさんに騙されて読まされたヴァン・ヴォート(ヴォクト)あたりのサイファイ小説の恐怖ですでにトラウマ(免疫)を受けていたため、イミューニティ(無敵状態)を獲得していた。大してうまくない駄菓子だけご相伴にあずかって、心の中でへらへらしていたわけです。

 おばさんたちにとっては、うら若き少年たち(半ズボン姿?)を怖がらせて喜ぶショタ趣味(鉄人28号のアニメ再放送がようやく一巡した時代なので、「ショタ」はまだ言葉として存在していなかった)であったことも疑われる。
 あるいは貞操観念のとても強い時代を過ごしたおばさんたちが、屈折したリピドーを精通も(おいおい)まだのうら若きツバメたちを前にして、発散していたとかしないとか。

 ここまでで、すでにひとつの記事として成立しましたが(え、どこが?)、前回のコメントの続きなので、しょうがないから続けよう。

 その絵本に、「賽の河原の石積み」なんて最初から乗っているはずがない。
 なぜなら、(下世話な)無間地獄の物語に比べて、「賽の河原」はあまりに格調が高すぎます。
 フュード(疑似)仏教で喩えるなら、せめて「蜘蛛の糸」(あれって、実は無間地獄からの脱出(未遂)譚なんですよ)あたりを持ってこないといけない。

 前回コメントを使いまわすと、賽の河原の石積みとは。

 親に先立って死んだ幼い子たちは、三途の河が流れる冥土の河原で石を拾い、父母供養のため石の塔を積み上げようとするのですが、しばらく積み上げると必ず崩れてしまう。何度繰り返しても元の木阿弥。一説には、完成間際になると必ず「鬼」がやってきて、ばばーんと足蹴にしてちゃぶ台、じゃない石の塔をひっくり返すとか。だが個人的にこの物語に「鬼」はいらない。あと何個か積めば終わりだー、と緊張した本人の手元が狂ってガラガラ・・・。そのほうがなんて不毛で素敵でしょう。
 親不孝者たちは、永劫にわたってこの罰を受け続けることになるのだというのです。
 「先立つ不孝」とはこのことを言う。親より先に冥土の地に行くのは、「儒教」的にはアウトだったんですね。まあ、儒教なんてとにかくろくなもんじゃない。大陸国や半島国を見てればわかるけど。

 ギリシャ神話にありますよねえ。あちらには、小石を積んで塔を作るといった島国人の繊細さの欠片もないので、巨岩を長い峠道の上まで運ぶ寓話ですが。頂上に辿りつくころには、岩はまた下まで転がり落ちてしまうのでした。シシファス(シジーフォス、シーシュポス)ですね。

 こちらは「チート・デス」、死の運命を巧妙に免れようとした(そして現に逃れたDAOレリアナのような)存在の象徴である。賽の河原の幼子たち(すでにいっぺん死んでます)とはちと違うけど、「果てしない徒労」のノーションは一緒である。

 まあ、DAIの画像を作るのが面倒臭いので引っ張りましたが、しょうがない、実例を示そうじゃないか。

 あたしのDAOプレイスルー。「究極の犠牲」を払ったウォーデンはドワ王子一人しかいない。

 彼のロマンス相手がレリアナ。レリアナのロマンス相手も(浮気とかじゃなく真面目に最後まで続いたのは)彼しかいない。

 DAIに反映させるとこうなる。もちろん、DAKのパネルを一枚一枚ひたすらめくって行った結果である。

5246
 あの混乱の中でも、あたしたちは愛し合ったわ。本当に幸せだった。

5248
 そして彼は・・・。ごめんなさい、話す気は起きない。

 ま、改めて見せられると、思わずじんと来たりするかもしれません。
 それはともかく、あの強烈なDAOの選択がわずか数行の台詞で済まされてしまったのでちょっと残念ではあった。

 さて、DAIベータもいれて勘定するとインクイジター五名。二人目もうすぐゴールインが見えたので、もう少しヴァリエーションを増やそうと思った。

 私の場合ロマンスのコンプは求めない(ドリが最後までないと思う)。だがウエポン・プロフィシエンシー(3クラスで5通りかな)は一通りこなしたい。その次の目標がスペシャリゼーション9通りだが、これだとロマンス8通り(ロマンスなしのNull値入れると9通りだが)を越えてしまうのでどうでしょうか。プレイ時間2000時間くらいで到達するかもね。

 ただし、レリアナがDAOウォーデンと(ウォールームのオペで)レターのやり取りをする際、ロマンス相手だった場合は違う反応かもねー、という興味はあった。

 で、次の主人公は(お客さん、あたしの場合、DAシリーズで初です)レズビアンでセラちんとのロマンス狙い、エルフのネコ(おいおい)をやって見たいと思った(未成年は読んでないからいいじゃん。というか読むなよ!)

 それで、こんな感じにした。

Dak100
 すなわち、ウォーデン生き残りーの、レリアナとラブラブーの。
 モリガンのエッチの相手は、個人的にプレイスルーで実現しなかったはずのローゲインにしたと思う。

(まさかこの後ディザスターが訪れるとは思わなかったので画像は残していないが、上は今再現してみたもの)

 エルフ・アーチャーをキャラメイクしてDAKワールドステイトをインポート。間違いなく、上の設定がインポートされたという表示も出た。

5249
 ネコちゃんエルフ。正直ちょいと失敗した。広瀬すずちん狙いが、まるで若い頃の(ぱっつんぱっつんの)ドリュー・バルモア。
 ブラック・エンポのルックス・リメイク機能が待ち遠しいですっ!

 DAIのオープニングを一通りこなし、「やれやれ」と思ってDAKを開けてみた。

Dak101
 EA/BioWareを相手どる場合、どこに告訴すればいいのだろうか。
 カナダ? それともカリフォルニアの法廷?

 賽の河原の意味がお分かりだろうか。正真正銘、まぎれもなく、DAKはこうなっていたのだ。

 レヴェル30のディスペア・ディーモン*4に遭遇したとき以上の絶望時の士気チェックに失敗。

 このときの絶望感を、言葉で表すことはできない。いや、ドリュー・バルモアをボツにして、広瀬すずちゃんでやりなおせるかな、とか一瞬脳裏をよぎったとかどうとかは、ないとは言えないが、脱力は半端ではなかった。

 だが、泣く子と地頭には勝てない(?)。ではなく転んでもただでは起きないDA2のAct2ジャヴァリス。

Dak102
 お忘れかもしれないが、ジャヴァリスとは、この下段真ん中のドワだ。

 あたしゃ、このドワ商人をなかなか殺せなかったんだ。最後に一文無しになった彼が地べたに這いつくばって、死んだ自分のボディーガード(傭兵)たちの靴を脱がせ、商売の元手にしようとするでしょう? あそこはたぶん、DA2の中でも屈指の、出色のシーンです。

Javaris
(ホーク)「この先大変そうだな?」
「まあな。だが将来のバラ色の計画もあるんだぜ。まずブーツでも売るかってんだ。
 ちっくしょう、このショート・シャフト・ブーツをゆっくりと脱がせないとっと、くそったれのイヌコロ国の街靴が」

 なんだろう、愚痴を言ってもしょうがないけど、DA2は細かいセリフも素晴らしかったなあ・・・。

 絶望時の士気チェックには、実は成功していた。

 いや、DAKなど飾り、飾りですよ、えら(以下省略)

 インポートは間違いなく成立しているっ! であれば、レリアナとの会話シーンでウォーデンは(DAKの表示に関わらず)生きていることがわかるはずだっ。

 なんたるメンタルの強さ(自画自賛)。というかなんたる暇人さ。とっくに挫けてもおかしくない心で、そのシーンまで爆走しました。

5250
 彼はいつだってあたしの心の中にいるわ。たとえ「遠距離」でも。

 とおった。とおりました!

5251
 あの人は、あの人なりの旅を続けている。
 あたしも、インクイジションからお役御免になったら合流するつもりよ。

 よっしゃ、よっしゃ!

5252
 それからは、ずっとそばにいる。
 あたしは、今まであまりに多くを喪ってきた。彼のことを手放すつもりはない。

 おまけじゃ、われ!

 いやあ、ほっとしました、というかインポートした時点でのタペはそうなので、至極当然なんだけども。DAKの間抜けぶりで狼狽えた自分が悲しい。

 (とっても、ダメにされたタペの手直し、賽の河原の石積みは、これからも続くんだけどね・・・) 

5253
 んー、広瀬すず狙いで、顎のラインを強調しすぎたのが誤算だったかなあ・・・。
 ブラック・エンポ早く来ないかなあ。 

P.S. 能登さんなら、やっぱ「スクールランブル」の八雲ちゃんですよね?

2015年4月25日 (土)

【DAI】ワールド・オヴ・セダスVol2

 標記の書籍は5月上旬発売予定。実はAmazonでかなりの中身が閲覧可能です。

 どうやらじっくりよみふけっていると、リース(小説Asunderの主人公)のパパがわかるのだそうだ。つまりウィンが若気の至りでリースを身籠ったときの相手のテンプラーの野郎が誰かということですが。

 まあ、ハッキリ書いているわけではなく、読者の勝手解釈を誘導しているようなことらしいですが。

 それはともかく、ちょっと驚いたのが、"Last Flight"で描かれた第四のブライトの英雄ガラヘルとその妹イセヤについても(そして、数百年後にグリフォンの雛を発見したヴァルヤについても)記載されていること。

Garahel
 むう、正史・正典(カノン)扱いになってしまったのか。 

 チャント・オヴ・ライトもまとめて読めてお得なようです。

 阿漕なEAが売ったら「はじめて読むチャント・オヴ・ライト」とか、別売りにしそうだったが、版元ブラックホース・コミックスはそこまでバカでもなかった。

 というかチャント・オヴ・ライト以外、Vol2を買う意味があるのかどうか。

 ええ、あたくしはBioWare亡者なので当然買いますけど。Kindle版も併せて。

【DAK】直してるのか壊してるのか。

 ようやく祖国に帰ってきたら、DAKがまともに動かなくなっていた。

 アップデートがあったらしいけど、なんか色々ダメなんですけど・・・。

 新しいワールドステイトをエディッタブルにコピーできないとか、デリートしたはずのワールドステイトがいつまでも消えずに復活するとか・・・。

 自分のヒーローのポートレイトは手で直せとか、どうして今頃になって言ってくるのか。最初から自動など諦めて、そうできるようにすればよかったんだ。

 いつもの話だが、アップデートで直してるのか、壊してるのか・・・。

 そのくせ、新たにアンロックしたスぺシャライゼーションとか反映されてるので、完全に死んでいるわけではないようだが。

 どういうあたまの構造だと、このように複雑怪奇で、しかも大して印象的でもない(むしろ粗雑な)デザインができあがるのだろうか。

 BioWare、この分野の才能がからっきしないことが本当によくわかる。

2015年4月19日 (日)

うわごとでDAI

 またしてもしばし祖国を離れることになります。
 あわててDAIの最後までやったのもそのためですが。

 DAIの感想などはすでにしつこく書いてきたので、もういいでしょう。最後の場面の謎だってさっぱり解決していません。

 昨年のクリスマス直前には、前回の場面まで到達していました(11月リリース直後から一週間くらい海外だったので、ほぼ三週間)。それからここまで、実に4か月もかかった。
 "Last Flight"の無茶訳を終わらせなければならなかったせいか、と思っていたのですがそれは1月には終わっている。単純に時間がなかっただけ。

 海外に出なければならないときに限って何か動きがあるというジンクスも、今回はなさそうです。ブラック・エンポは5月リリースであると明言されている。GWと関係ないあちらは、別にあわててリリースする必要はない。パッチ7もそのタイミングと考えるのが普通でしょう。マルチプレイの大型アップデートもきっとそこら辺。
 JoHの全プラットフォームリリース時期も5月とされていた。 

 ストーリーDLCが次に出るとすれば、計算上は6月あたりなんですが、出るかどうかすら希望的観測。

 The Witcher 3も5月に来るそうで、なんとかEternityも、その頃には初期バグ潰しがそろそろ終わっているかな?

 DAI以外まで、なかなか手が回りそうにありませんが。できればGWには三周目も終わらせたいところです。

【DAI】ポスト・エピローグ

 本当の最後。
 ただし、6分以上のエンディングのクレジット・ロールの後。
 人によっては、観ないで映画館から出てしまうじゃないか。  

5221
 これは? エルーヴィアンの起動を試みているのか。

5222
 それとも力を受けようとしてるのか?

5223
 来ると思っていたよ。

5224
 コリフィアスにオーブを渡すべきではなかった、ドレッド・ウルフよ。

5226
 長い眠りから目覚め、自分で発動させる力がなかった。

5228
 私のしくじりだ。償いは覚悟する、だが皆が、皆には私が必要なのだ。

5230
 本当に申し訳ない。

5231
 私も済まなかった、旧友よ。

5233
 ・・・。

5234
 緑の光。

5235
 はっ。

5236
 ・・・。

5237_2
 ・・・。

5238
 フレメスは、石化したように見えるという説あり・・・。 

5239
 力を吸い取ったのか。 

5240
 眼の光が。

5241
 フレメスのそれになったという説もある。 

 ソラスの台詞を間に受ければ、彼自身に力があれば、オーブを用いてコリフィアスと似たようなことをはじめるつもりだったことになる。
 だとしたら、彼もコリ同様、この世界を破滅に導こうとしていたのか。

 ソラスの台詞、"the pelple"は、いまだに良く意味はわかっていません。
 「ピーポー」が何であるかによって、ここの話は変わってしまうかもしれない。

 ソラスが救おうとする者(存在?)たちがフェイドにいるのであれば、空にブリーチを開けるのは筋が通っているのかもしれない。
 だがそうであれば何故、コリの野望を阻止しなければならなかったのか?

 フレメスの、"I'm sorry as well, old friend."も、何について"sorry"なのか、本当は良く分からない。
 (一度殺されてしまったという)ミサールである彼女が、復活に足る十分な力を蓄えておらず、ソラスに力を貸すためには(最後そう見えるように)、自分の全存在を渡すしかなかったからか。 つまり、「力足らず」を詫びたのか?

 ここからだけでは、何もハッキリしたことは言えないと思うのですが。

5242
 ところで、ポスト・エピローグの直後は、またスカイホールドの場面に戻るんですね。
 ポスト・エンディング・プレイの開始である。

5243
 メイジがディヴァイン。次は何だ?
 ドワのアンティヴァ王か?

 ま、この調子で続くってことですかね。

5245
 うーん。

 主人公メイジだからいいけどさ・・・。

5244
 このお方を、臨時コンパニオンに入れるという発想はなかったんだろうか?
 

【DAI】エピローグ

 エピローグ、ポスト・エピローグの紙芝居用の画像はすでに用意していたのですが、たったそれだけを続ける時間がなかなかなかった。
 ようやく終えることができます。
 語り手はモリガン。

 エピローグのパネル(紙芝居)の数の少なさから、DAIの重大な選択は非常に少なかったことがわかります。実際には三種類(考え方によってはプラス一種類)しかない。

 ・セリーンの命運、オーレイの支配者
 ・オーレイのグレイ・ウォーデンの帰趨、ホーク(私の場合ストラウド)の運命
 ・次期ディヴァイン、チャントリーの新しい統治施策
 (加えて私の場合は、レッドクリフで「徴兵」した叛乱メイジたちの運命) 

 DAKを眺めてみても、本当に意味のある選択肢は、これ以外にいくつもありませんね。

 そのくせ、ひとつひとつの語りはかなり長いので要点だけにします。

5192
 長い眠りから目覚め、魔法と闇が支配する世界の再来を、さらには神の座の簒奪を目指したコリフィアスは打倒された。
 だが、空には奴のもたらした傷跡がまだ残る。混沌がセダスにもたらした変化は、二度と元通りに戻ることはないだろう。

5196
 市民戦争は終わり、セリーンはインクイジションとの結束を固めて玉座を守ったが、ギャスパードとの暗闘が再び始まっていた。
 ブリアラ率いるエルフたちも叛乱の手を休めることはしない。 

5201
 アダマントを生き残った南方のグレイ・ウォーデンたちは、軍団の再興を始めた。
 一方、本部であるワイズホプトとの確執は拭い去れなかった。そこを目指たホークからの便りもなく、本部からの連絡も間もなく途絶えたという。 

5209
 日輪の玉座にはじめてメイジが座ることへの反抗はすさまじかったが、ディヴァイン・ヴィクトリアは反対勢力を容赦なく封じ込めた。サークル・オヴ・メジャイは再建され、メイジたちの地位は急速に向上し、一方で新生テンプラーは厳しく統制されることになった。 

5213
 かつてフィオナが率いていた叛乱メイジたちは、ヴィヴィアンからのサークルへの召喚を嫌い、再び叛乱を企てるためインクイジションから立ち去った。
 だがディヴァインが憤怒に任せて鎮圧を命じたため、叛乱は長くはもたなかった。

5216
 インクイジションの影響力は強大となり、諸国を脅かすほどであった。
 権力がますます増大すると見た私は、スカイホールドを立ち去ることにした。そこは変化の象徴であると同時に、ある者たちにとっては倒すべき標的にもなったのだ。

 それらの勢力は闇に蠢き、然るべきときが来るのを待っている。
 その日が訪れたとき、インクイジションは再び悪に立ち向かうに違いない。

2015年4月14日 (火)

【DAI】フィナーレ

 シリーズ恒例となった、コンパニオン(今回はアドヴァイザーも含む)との最後の会話。
 DA2ではエンドバトルの直前にあったわけですが、今回はDAOのように、祝宴での巡回となりました。数多いな。 

 そしてひとりひとりの台詞も、DAOのようにコンパクトじゃない。いくつかのテーマについて話している。ここは、私個人の好みで一人一言。

 実は、プレイしたときにはヴァリックを見落とした。単に見過ごしたのか、バグかなんかで掴めなかったのか、今となっては確認しようがない。
 彼だけつい最近撮影をし直したものです。

5162
 カレン。(素面、レリウム的に)

 兵たちの多くは、勝利の後もここに留まるつもりだ。
 インクイジターは世界を変えた。自分たちは、これからもそうし続ける。

5163
 ブラックウォール。(ウォーデンに内定)

 古のマジスター・ダークスポーンを倒すため手を貸した。
 成り立てのウォーデンにとっては、途方もない手柄だと思わないか。

5165
 ブル。(タル・ヴァショスの道)

 戦いを終え、はじめて自分が何の指示も受けない自由の身になったことに気付いた。
 もっとも、この先もここに居続けるけどな。

5167
 コール。 (スピリット寄り)

 アミュレットを見つけてくれてありがとう。奴が負けるのは戦う前からわかった。
 奴のせいで化け物にされるところだったけど、奴が死んで、僕は自由になった。

5170
 セラちん。

 このパーティーは、あたしたちのため? 「彼女」のため? それとも、「彼」のため?
 だって、あたしもあそこにいたのに、どれが本当かわかんない。

5171
 ここが君の家だ。好きなだけいたらいい。
 あは。うっさいんですけど。泣いちゃうし。 皆を叩いて回っちゃうし。

 え、なんでこの娘だけ二枚? えこひいきです。

5172
 ドリアン。

 いいかい、「いいもんのテヴィンター」ってのも悪くないもんだぜ。
 「皆が皆、悪者でもないんだな」 そう言った鍛冶屋は、初対面のとき唾吐きかけてきやがったけどな。

5173
 ジョジー。

 ひどいったらありゃしない。ソムリエはまだ来ないし、招待状はようやく城から外に出たばかり。それから、それから・・・。
 うふふ。この世の終わりの代わりに、このささやかな宴を催せるなんて素敵よね。

5174
 レリアナ。(ソフトゥン、soften)

 ふふ。ジョジーったら、首都にあるマダム・ルシエンのお店のペティフォー(ブチフール)、何か月も前からお願いしてたのよ。この祝宴のおかげで、彼女には完璧な言い訳ができたの。

5175
 キャス。このセリフはロマンス・プロットでしょうねえ。

 オーブが弾けた瞬間・・・、あなたはきっと死んでしまったと思った。
 私は祈ったわ。「私からあの人を取らないで。ここまでずっと一緒にやってきたのに」
 そしたら、煙の中からあなたが見えた。メイカーも、ときには優しいのね。

5176
 二枚目はロマンス・ボーナスってことで。

 はじめて会ったときのことを思い出す。今ではあなたはアンドラステのチョーズン。
 そして私の愛する人。どうしてこんなことになったのかしら?
 でもこの先は、ずっとあなたと一緒にいるってわかるわ。

5177
 ヴィヴィ。(次期ディヴァイン候補)

 ああ、しなければならないことが本当に一杯なのよ、マイ・ディア。
 ヴァル・ロヨーの行きつけの衣裳屋に連絡しておいたわ。ディヴァインの戴冠式に相応しい衣裳など手持ちがないもの。

5179
 ヴァリック。

 まだカークウォールには帰らんぜ。その前にウィッキド・グレイスを一勝負しないとな。
 カーリーに、多少は花を持たせてやらにゃならん。

5180
 さて、そろそろ自室へ・・・。

5181
 話があるの。

5182
 あるでしょうね、きっと。

5183
 内装変えておいて良かった。

5184
 もうすぐ、色々なことが変わってしまう。

5185
 あなたはこの先ずっと長い間、あらゆるところに連れまわされる。

5186
 だから、ほんの少しだけ時間を頂戴。そうできるうちに。

5187
 ロマンスは。

5188
 オプショナルでも、なんでもなかったのね、ゲイダーさん。

2015年4月13日 (月)

【DAI】エンドゲーム(6)

 ほんと、これやってると他のことぜんぜんできないんだよね。
 しかもエンディングまで辿りついたら誰でも目にするシーンだし。はしょりたいのだが。

5091
 戦い済んで。

5092_2
 ここも冒頭のシーンのヴァリエーション。

5094
 寺院跡に一人。

5096
 ではなかった。

5097
 見事に割れたオーブ。

5098
 たそがれるソラス。

5101
 すまんな、オーブを回収できなくて。

5103
 君のせいじゃない。

5104
 他にまだあるのかい?

5105
 こんなことになるはずじゃなかった。

5106
 これから先どうなろうと、覚えておいてくれ、君への尊敬は変わらない。

5107
 インクイジター、無事だったの?

5108
 コンパニオンたち。

5111
 マイナス・・・、

5112
 ソラス。

5113
 勝ったのね。信じられないけど。

5114
 そして、あなたも生きている。メイカー、感謝します。 

 これはロマンス・プロットの一環?

5115
 そして、ついに・・・、

5117
 ブリーチもふさがったようね。

5118
 みたいだな。

5119
 これから先どうするの?

5120
 はっ。

5121
 ・・・。

5122
 スカイホールドに帰るか。

5123
 腹も減ったしな・・・。

5124
 でも、歩くと結構あるんじゃなかったっけ・・・。

5125
 スカイホールド。

5127
 迎える大歓声。

5128
 勝利の行進。

5129
 上で出迎えるのは。

5130
 内勤のみなさん。

5131
 その他大勢のみなさん。

5132
 インクイジターに。

5133
 最敬礼。

5134
 固い握手。

5135
 至上の笑み。

5136
 これロマンス・プロットなのか、共通(オープニングとの対)なのか気になるんだけど!

5137
 さて、四人揃って。

5139
 大団円。

5140
 ではないのだ。レリアナが話があると、にこにこしながら囁く。

5141
 ソラスが、忽然と姿を消したわ。

5142
 隠れ通すつもりなら、なす術はないかも。引き続き探し続けるけど。

5143
 ただ立ち去るなんて、絶対におかしいな。

5144
 オーブのことで動揺したとか?
 それだけじゃないだろう。

5146
 取り敢えず今のところは、コリフィアスを打倒したことを祝いましょう。

5147
 その後は忙しくなるわ。セダス南部の貴族がこぞってあなたに会いたがるから。

5148
 もう戦いは終わったんだろ。どうして私に会いたがる?

5149
 ふふ。馬鹿言わないで。これ、オープンワールド風味なのよ?

 ポスト・エンディングも続くのよ? ではないか。

5150
 あなたの勝利のご相伴にあずかるためよ。おこぼれを期待してるの。

5151
 セリーンの危機を救ったのが誰か、知らない者はいないわ。

5152
 山ほど問題は残ってるし、そのどれもがあなたの意見を待っている。
 あなたが望むかどうかに関わらず。

 ああ、ここがオープンエンド風味を言っていたのか。

5153
 から騒ぎは勘弁だな。コリフィアスを打倒するために戦っただけだ。

5154_2
 そして、奴を打倒したのは他でもないあなた。

 ここのレリアナの長口上。すっかり忘れていたけどなんで必要なんだっけ?
 しょうがないからなぞるけど。

5155
 以前のあなたは、ただのぽっと出。
 他でもないひとりのメイジ、叛乱軍と異端者のリーダー。 

5156
 コリフィアスが正体を曝すまで、混乱の裏に黒幕がいることは誰も知らなかった。

5157
 でも奴が現れた。マジスターにして同時にダークスポーン。究極の邪悪な存在。

5158
 今や、残された権威はあなた一人だけなのよ。

(話長いな・・・。これって、誰の誰に対する言い訳だろう?)

5159
 今宵、できるうちに祝っておくのがいいわ、インクイジター。

 この後、インナーサークルの間を巡るのか・・・。長くなるな。気力が切れてきた。
 あした、あした、次回に続くっ!

【DAI】エンドゲーム(5)

 さあ、一気にやらないとモメンタムが切れる。

5048
 もはやコリの力も限界。

5049
 充血して目が真っ赤(ちがうちがう)。

5050
 最後の力を振り絞って。

5051
 インクイジターに最後っ屁。

5053
 こんなはずはない!

5055
 余はゴールデン・シティをこの足で歩き、

5056
 時代を越えた・・・、

5057
 インクイジターのマークが呼応している?

5059
 デュマット! 

5060_2
 古のともがらよ!

5061
 聞き届けよ、余の願い!

5062
 汝この世におるのなら、

5063
 現にこの世におったのなら・・・、

5064
 余に力を与え給え!

 苦しいときの神だのみ。

5072
 うひゃ。

5070
 これは痛い! 球が早すぎて見えないけど。

5071
 いったーい。

5067
 こちら。

5068
 キャッチ!

5069
 というか吸い寄せたのね。

5073
 んー。

5074
 ここら辺。

5075
 展開早すぎ。このアングルのシーンなんて一瞬ですよ?

5076
 光の束が。

5077
 ブリーチへ。

5078
 広がる波動。

5079
 まだ閉じない?

5080
 転がるオーブ。

5081
 もう力を喪ったのか。 

5082
 ちょ!

5083_2
 フェイドに入りたいって?

5084_2
 いってらっしゃい。

5085
 うひゃー。 

5086
 こいつは残酷(笑)。

5087
 アデュー。

5088
 寺院跡を浮遊させていた力も消え。

5089
 すべてが崩壊する、よくある結末。

5090
 逃げろー。

【DAI】エンドゲーム(4)

 一旦途中で休むと、記事の続きを書こうとする再起が非常につらい(笑)。
 まあ、ヴィデオ・ゲームのエンドバトルなんて、初回こそ気合が入るけど、二回目以降(このように映像で眺めるのも)先がわかってるから、ノリノリなはずがないですかね。

 そういう意味では、Skyrimなどのオープンワールドが絶大な人気を博したってのは、必然なのでしょう。終わりのない物語こそ、(ゲーマーに限らず)定命の存在である皆が求めているもの。

 もうちょっと哲学的に言うと、「はじまりも終わりもない」物語こそが究極の姿なんですが(「はじまりのない」が何故求められるかの説明は長くなるので省きますが、一言で言えば、私もみなさんも、誰であってもこの世界に「遅れてやってきた」からなんですけどね)。

 以前もちらりと書いたことがありますが、筒井康隆先生の小説「驚愕の曠野」(きょうがくのこうや)は、332巻(!)からはじまり、599巻の最後あたりで、登場人物が手にしていたこの物語そのものの書物が、風化して断片になっていく。もちろんこの小説の巧妙な仕掛けはそれだけではないが、その部分だけでも画期的な「物語」の試みだと感じたものでした。
(私を含むある人たちが、たとえばDAのような世界設定に魅かれるのも、現実的という意味ではない本来の意味での「リアリティ」(現実とは異なるという前提での迫真性)を感じるのも、この「はじまりも終わりも」ぼんやりとしてわからない点にあるんでしょう) 

 で、RPGって結構、「はじまり」(の前)もぼんやりしているのが多いのですが、でも結局、主人公の出自(バックグラウンド)は定められている場合が多い。DAOで言えば、その名のとおり「オリジン」が与えられているし、MEだってシェパードの出自は(いくつか選べるけど)基本は決まっている。RPGの主人公も、結局はその「世界観」の中に「遅れてやって来た」者なんです。

 そう考えると「はじまりも終わりもない」物語は難しい? いやいや。そうでもない。
 MMO/MOなどのオンライン・マルチプレイは基本そういう造りではないですか? 個人的には完全に卒業していますが、FPSなんて文字通りそうではないでしょうか。ただし、あれを「物語」と呼ぶかどうかは、色々あるかもしれない(笑)。
 スマホゲーも私は基本遊びませんが、爆発的に人気が出る秘訣って、おそらくここら辺なんだろうとは思います。

 ちなみに、DAO、DA2のエンドバトルには、二回目以降退屈になってしまうことを防くためか、(これまでのプレイヤーの選択によって)助太刀が飛び入りで参上するという趣向がありました。あれが個人的には相当受けた。
 DAOではなんと、リージョン・オヴ・ザ・デッドのおっさん、あるいはファースト・エンチャンター・アーヴィングまでやってきた。DA2では、ゼヴとか、ドニックとか?
 DAIの開発にはそんな(遊び心の)余裕すらなかったようです。

 だって、戦場である寺院跡が端から浮遊してるんだから、誰も駆けつけることなんてできませんから!(ドラゴンを除く)

 このくらい余談を書かないと、続けることができないのだ。 よっこらしょっと。

5020
 威勢のいい啖呵きったコリはどこ行った?

5022
 相変わらずどこまであるのかわからんマップだが、「フィナーレ」って(もう言ったか)。

5023
 フェイドが零れてきてる。

5024
 高難易度では、鼻水が(もう言った)

5025
 うおっと、この段差は、きっと後戻りできないな。
 それにしてもこのセリフは誰の? コールか?

 映像を観直すと、中の人は往生際悪く、別の道を探しまくっています。ないんだけど。

5026
 諦めて、とっとと突入しようぜ、「現在」の私がイライラしてきた。

5027
 いけーっ! (キャスとコールが(笑))

5028
 もたもたしてたから、ブリーチが広がっている!(それは関係ないだろ)

5030
 奴がヴェイルを破壊する前に、倒すのよ!

 珍しくヴィヴィが「マイ・ディア」とつけるのを忘れてる!

5032
 ナイト・エンチャンターのヴィヴィまで、突撃してもうた!

(いや、主人公もナイト・エンチャンターなんだけどね・・・)

5033
 おろ、ここら辺にも閾値あると思ったら? ないのか。

5034
 絵的に接近戦のものが欲しかったわけではなく。

5035
 うお?! AIの操作してるインクイジターのスペルか?
 びっくりした。

5036
 単にコールにポーション飲ませたかっただけなんだけど。

5037
 コールを操作している間に、AIが操作するインクイジターも接近してきた(笑)。

5040
 めちゃくちゃエンドバトルっぽいけど、主人公がいない。

5041
 やっぱすごいよ、これ。GOTY取るだろう。(言われなくても取ったよ、100以上)

5044
 AI操作のインクイジターが、スピリット・ブレードをばんばん振り回しております!

5045
 これは入った!(AI操作です(笑))

5046
 一方、中の人は、さっきからずっとコールを操作。

5047
 あげく、キリング・ブロー直前の打撃が、なんとコールのワン・ツーであった(笑)。

 さあ、次回いよいよ最終回!(の一個か二個前かな?)

2015年4月12日 (日)

【DAI】エンドゲーム(3)

 実はエンディングはまだこの一回しかやっていない。今映像を観直したら、よくもまあこんな長いバトルに付き合ったものだと、自分で自分を褒めたい。というか呆れた。
 なんの予備知識もなく臨んだというのもあるけど、当時ほとんどやっていなかったクラフティング、今思えばかなり大事ですねえ。ファイア・レジスタンス・ポーション・トニック?くらいはおそらく要るのだろうと思って用意したんですが、装備はほとんどすっぴんで戦ったに近い。

4962
 ドラゴンとは、考えおったな。 

 コリの台詞も新鮮なのは最初だけ。

4963
 だが、それも何の意味もない。

4965
 余の聖なる意志に逆らう者らへの見せしめとして死ね!

4966
 天そのものから、焼き尽してくれるわ!

4968
 なぞると本当に切りがないのでほどほどに。

4969
 ちょろちょろ移動し過ぎ。

4970
 上空ではドラとドラが空中戦。

4973
 コリフィアス、レヴェル20、行動妨害系には尽くイミューン。 

4975
 上の画像のHPくらいで閾値を越えたらしく、戦いの舞台はさらに上層へ。

4976
 個人的には、ここら辺が。

4977
 DnDものや、BioWareゲームの原風景です。

4978
 おそらく高難易度では、鼻水が出るくらい嬉しいのだろう。ポーション補充。

4979
 まだ先は長そうだが、マップの名称が「フィナーレ」ってのはどうなんだ。

4980_2
 主人公とヴィヴィアン、メイジふたりの。

4981
 バリアの呪文がパーティーの生命線。
 しかしヴィヴィアンは、なぜこんなところに。パスファインディングが甘いのか。

4982
 コリのHPバーが半分まで減る。当然閾値があるはず。

4983
 こちらいいほうのドラゴン。モリガンなんでしょう。

4984
 空中戦。

4985
 これは真面目にお金かけてます。

4986
 そして、なかなか渋いコンテ。

4987
 それこそ、映画「スターウォーズ」並み。

4988
 フェイドの色もいい感じ。

4990
 ブリーチの直前まで上昇。

4991
 何を考えてるかというと。

4992
 そこから偽アーチディーモンを道連れにして。

4993
 寺院まで落下しようということ。

4994
 あぶねえ!

4995
 浮遊する地面に激突。 

4997
 凝った展開だけど、画像の枚数がかかりすぎる。

4996
 そして、モリガンのほうがダメージが大きかった・・・。

4999
 敵ドラはHP半分だけ弱っているが、まだ闘志満々。

5001
 しゃぎゃー。

5002
 コールが心配しているのは、先ほどの戦いで昏倒しているモリガンのこと。

5004
 正式には、レッド・レリウム・ドラゴンというのだそうだ。レヴェル20。
 ちなみにインクイジターもレヴェル20。

5005
 こちらもあらかたの妨害系にイミューン。

5006
 ガードを張りまくるので、ここまで削るのにとてつもない時間がかかったが。 

5007
 さくっと省略して、とどめの一撃。

5011
 たまたまナイト・エンチャンターだから、というわけではなく、メイジは共通なのかな。

5012
 ぷしゅー! ドラ断末魔。

5013
 ルートも落さず絶命。

5014
 赤く光る何かが出た。

5015
 飛んでいく先には。

5016
 コリ。

5017
 コリがドラに預けていたエッセンスの一部ですか。

5018
 ここで全てに幕を引け。空よ、煮えたぎれ。 

5019
 世界よ、粉々に砕け散れ。

【DAI】エンドゲーム(2)

 ここのくだり、映像を観直しただけで、記事書くの体力いるなあ、とわかってしまう。
 ここで挫けると、この先永久にやらないな(笑)。

4921
 クライマックスはオープニングと同じ。その拡大再生産。

 アドヴェンチャーものの王道、ロンド(輪舞曲、回旋曲)形式ですねえ。
(一般にはABA、CD...、ABAの三部形式。有名どころでは、スターウォーズ。エピソード456,123と、それぞれ入れ子になったロンド形式)

4923
 そして、ご丁寧に舞台までオープニングと一緒という、様式美。

4924
 貴様らの崇めるメイカーとやらに命乞いしたらどうだ?

4925
 土台無理なこと。なぜなら、奴など端から、どこにもおりはせんからだ。

4926
 新たな神、このコリフィアスに跪け、さすれば命は救われよう。

4927
 屈するもんか! 

4928
 好きにせい。

4929
 うわあ!

4930
 BioWareは、

4931
 名もないNPCを大事にします。これもオープニングと一緒。

4932
 キャスはデフォルトで登場?

4933
 ここに来ることはわかっておった。

4935
 ここでおしまいだ、コリフィアス!

4936
 そのとおり。

4937
 浮き上がる地面。

4938
 おっと!

4939_2
 墜落したのは、ハーディング。

4940
 浮かび上がる寺院をなす術なく見守る。

4942
 んー、お金かかってるなあ。

4943
 DnDファン、BioWareファンなら、似たような光景は過去何度か目にしているはずですね。

4944
 クリンゴンの攻撃で被弾したエンタープライズ号ブリッジ・クルーのみなさん。

4945
 余を邪魔だてするのも、あと一歩のところだったが、貴様の正体は決して忘れん。

4946
 貴様は、時と場所を誤った盗人。闖入者。ただの虫けら。

4948
 どちらが神に相応しいか、今ここで最後の決着をつける。

4949
 あ、一択です。

4950
 私こそ、メイカーのチョーズンだ!

4951
 メンチの。

4952
 切りあい。

4954
 忘れてた!

4953
 ドラの存在!

4955
 ちょ。

4956
 なんだ?

4957
 なんだなんだ?

 画像バジェットがもう底をつくというのに・・・。
 でもこのくらいのコマ割りでないと、何が何だかわからない・・・。

4958
 まだあった。よく見ると。

4959
 別のドラゴン。

4960
 それを追撃する、偽アーチディーモン。

4961
 貴様、よくも!

 続くっ!

【DAI】エンドゲーム(1)

 ベータ版もゴリゴリ進めているのですが、NDAがあるので何も書けない・・・。
 あちらでは平気で色々書いてる人もいて、BioWareが優しく警告を与えたりしてますが。
 カナダはともかく、アメリカは誰も契約や法律なんて気にしていない。

 そんな馬鹿な、ではなぜあんなに弁護士がいて、裁判が多いのかと?
 それこそ、誰も法律なんて気にしてないからでしょう。皆で好き勝手やるから後処理が大変なのよ。

 JoHについては、PS3/4(X360もか)のリリースまでは、偉そうにネタバレ記事を書かないと言ってしまったし(島国人なので二言はない、別にサムライではないけど)、ベータは書けないし、マルチプレイはすみません、時間がなくてやってません。

 というようにあらゆる逃げ道を塞がれたので、エンドゲームを書くしかない。何事も最後が訪れるのは嫌なんですけどね。

4899
 ポイント・オヴ・ノー・リターン。
 ここからエンドゲームまで突っ走ることになる。後戻りはできないとの警告だ。
 ポスト・エンディングにもプレイ続行可能だろう、とかたかを括っていてはいけない。一般クエストやモノ集めはともかく、インナーサークル系とかロマンスとか、色々ここが最終期限になっている。

4900
 そして突入を選んでも、上と同じテキスト・・・。

4901
 モリガン、望みのものは手に入れて? 

4902
 まかせなさい。コリの「アーチディーモン」なんて、どんとこいよ。
 ぼこぼこにぎたぎたに言わしてやるわ。 

 不肖私、DAIではレリアナとモリガンの間のぎこちない女同士の関係が、密かに大好きです。結構危ない妄想が広がる(笑)。
 モリガンは、レリアナのことは基本無視なんですよね。歯牙にもかけない。まあ、オーレイ女帝のオカルト・アドヴァイザーと、インクイジターのスパイマスターでは、乗ってるステージが違うからねえ。
 一方レリアナは、当初モリガンを黒幕と疑っていたり、インクイジターに派遣されてからも過去の悪口をインクイジターに告げ口したりと、結構意識しまくりである。モリガンにレズっ気はないので、もしかしてレリアナは過去にふられたの?くらいまで想像してしまうのです。

 DAOのロマンスには、ウォーデン(野郎に限る)、モリガン、レリアナの三角関係なんてあったけど、そんなの発現させるだけで大変だし、だいたいDAKで引き継いでねえし! だからDAIにセーヴファイルのインポートやれって言ってたんだよ、せっかく苦労して作った三角関係のセーヴが役に立たなくなったじゃねえか! 責任者出て来い! マーク・ダラー出て来い!

 もっともDAOでは、アリスター、モリガン、レリアナがとにかく標準パーティーで、どこにいくのもその三人連れだったので、こっちの情も移りまくりですが(犬はともかく、ステンもゼヴもずっとベンチ時代が続く)。

 そういえば、しばらく前、DAのTwitterで、究極パーティーの選考があった。こういうファンに迎合したイヴェントはそんなに好きじゃないんで、結果が出たことさえ知らなかった。

Ultimate_party
 えーと、この男性はどちら様? あ、DAIアリスターか。こんな顔だったっけ?
 んー、ローグ枠はやっぱレリアナというわけにはいかなかったんだろうなあ。

 というのも、ヴァリックが落選して仮にレリアナだったら、それはそれで大変だった。
 これDAOのパーティーじゃん、BioWareてば2009年から一歩も前進してないじゃん、DAIから誰一人選ばれてないじゃん!(DA2はそうやって批判する連中からさえ無視される)

 DAIから誰も選ばれない(ヴァリックはDA2フランチャイズ、DAIではカウント外でしょう)のは、流石にまずいだろう? だってモー娘。のベストが(最初からおちが分かってるはなし、やめろよ)

 閑話休題。

4905
 しかしあのコリのドラがどこにいるのかわからんしなあ。

4906
 ねえねえ、ものがアーチディーモンだけに、棲みかはディープロードってのはどう?

4907
 え、なに、この光? もしかして正解?

 違うだろう。

4908
 これだよ。

4909
 そして当然、

4910
 あれです。

4911
 コリも気が短いやっちゃね。
 遺灰の寺院跡か。

4912
 もう一度ブリーチを閉じるか、さもなくばこの世の終わりか。

4914
 そんな、インクイジターも死んでしまうんじゃない?

4915
 ・・・。

4916
 兵はまだ、アーバー・ワイルドから戻っていない。

4917
 行くなら今でしょ。

4920
 手遅れになる前に。

4918
 ブリーチが画面からはみ出してますが・・・。

4919
 ここは、打撃力も考えたラインナップにしてみました。

2015年4月 9日 (木)

【NewME】世の中株です。ゼニカネです。

 New Mass Effectのリリース時期が載っていたとのコメントいただいて探したら、こんな記事がありました。これでしょう。

http://www.express.co.uk/entertainment/gaming/569262/Mass-Effect-4-release-date-EA-top-line-2016

 マーケット・アナリスト(いわゆる株屋)でゲーム業界を担当するMichael Pachter のレポートで、EAの決算から考えて、2015年度(EAの会計年度は4月スタートです)にリリースされるだろうタイトルを数え上げています。

【年度いっこ間違えてました】

 Mass Effect 4
 Mirror’s Edge 2
 a new Need For Speed game
 Star Wars: Battlefront

 それから2014年度終了間際のリリースであったBattlefield Hardlineの再発注もかかるだろうと。

 こんな話はもううんざりの方は我慢していただくとして、書いてしまえば、ずばり、世の中はカネです。
 株式上場会社のメガパブリッシャーであるEAとしては、とにかく株価を支える必要があります。
(詳しい話は省きますが、株価は将来(一般にどこまでかの終わりは想定していない)の会社の収益性を数値化したものです。よって株価をあげるためには、将来収益が出るよ、とマーケットに思いこませなければならない。そしてマーケット(実際に株を売買する機関投資家とか個人)は株の予測屋であるアナリスト(たち)の意見を参考にしたりする。

 そしてEAのようにアメリカ企業の場合、本来は四半期(三か月)ごとの決算(およびその予測)にマーケット(すなわちアナリストたち)が一喜一憂して株価が上下したり、社長(CEO)がクビになったりするんですが(超単純に書いています)、ゲーム・パブリッシゃーはその点お目こぼしがある。

 なぜなら、映画製作会社と同じで、コンテンツの生産には結構な時間がかかるから(マーケの連中は一般に、将来の製品リリースの時系列的な繋がりのことを「製品パイプライン」なんて呼んだりしますが、それの時間軸がやたらと長い)。そしてコンテンツの当たりはずれが大きいから。三か月単位では読み間違う。
 でもさすがに、最長一年。ご承知のとおり、アメリカのおもちゃ(トーイ)の売り上げのほぼ80%から90%はある一か月にまとめて発生する。そう、クリスマスを含むホリデイシーズン。だから、マーケット(しつこいが、すなわちアナリスト)も一年は待ってくれるのだ。

 記事によれば、くだんのアナリストは、ME4(BioWareは以前から、「ME4いうな」と怒っていて、「"New Mass Effect"呼べ」と言っていますが)のリリースは、おそらく2016年の1月から3月の間ではないか、と予想している。ME2が2010年1月、ME3が2012年3月のリリースであったから。

 これも「世の中ゼニです」の発想に立てば、予想でもなんでもない。当たり前。

 ゲーム開発には時間がかかる。そして開発期間がなかなか読めない。突然、「次世代プラットフォームもやれ、全部同時リリースな」と言われて開発現場が往生するわ(DAO、そしておそらくDAI)、予想外のバグが出て解決に時間がかかるわ(ME2)、途中で偉い人からマルチプレイ入れろと横やりが入るわ(ME3)、あるいはマルチプレイに思いの他手間取るわ(おそらくDAI)、あげくコンテンツのリークがあって、ごっそりエンディングを書き直さなければならなくなるわ(ME3)。

 BioWareのDAとMEシリーズで、リリース時期に延期がなかったのって、確かDA2だけかな(ME1のことはあまりよく覚えていませんから、それもかな)。

 そうなると、EAマーケから「できるだけ早く完成させろ、おら」と叫ばれる以外に、なんの基準もなくなりますから、「可能な限りすぐ」という、むちゃくちゃなスケジュールを余儀なくされてしまう。
 そこで、基準として、ひとつは「ホリデイ・シーズンに間に合わせんかい!」というものが使われます。果たしてヴィデオゲームが、本当にホリデイ・シーズンだけに売れているのかどうか怪しいものがあるが(Steam?)、その時期に間に合えばメディアに取り上げてもらえるので露出にはなる。まあ株を買ってる人たちなんて、まずゲームしないからね。ゲームの中身は知らないのだ。

 それに間に合いそうもないように(アナリストから)見える場合(今回がそうでしょう)、会社(EA)の会計年度を持ちだすんですよ。今度はマーケではなく財務、CFOから「今年度中にはゼッタイにリリースしろ」と指示が出る、と踏んで。
 そのデッドラインがEAでは3月末。よって、リリース時期は1月から3月に集中する。

 業界アナリストですから、そのような表面的な情報以上のものを持っている可能性はゼロではないが、大抵の場合は「ない」と思ってよい。だって、当のパブリッシャー自身、いつ完成するかなんてわからないんだから!

 だから2016年1月から3月にリリースされると、いいね!というのには同意ですが。
 その次の電車は・・・。2016年11月(ホリデイシーズン狙い)・・・。いやーーっ。

(余談)あー、個人的にはさして興味のない"Mirror's Edge 2"のリリース時期のリークを、またしてもMSがやらかしていたんですね。間違っていたらしいけど。MSのリークは、もはやお家芸か。

2015年4月 6日 (月)

【DAI】500時間を超えたが、まだまだ。

 時間がなくてDAIをやってる暇がないのではなく、DAIしかやっていないので、他のことをする時間がありません。ブログしかり。

 といっても、ソロキャンペーンがほとんどで、マルチプレイもベータ版も、やってる暇がない。

 とうとうOriginのタイマーは500時間を超えましたが、これには途中でボツったプロットのセーヴファイル分を含み、そしてMPもベータも、さらにはメニュー画面出しっぱなしや、同じくインゲームのメニュー画面でポーズしてる間やらの、アイドリングの時間も加算された数値なんでしょう。実際のソロキャンペーンの合計は、400時間くらいではないかな。

 やり足りない。まだ全然やった気がしない。

 なお、Originの画面を見ると、何か動きがありますが、ベータ版のNDAに引っかかりそうなので書きません、書けません。知りたければベータにお申し込みください。

 やはり敗因は(いや負けてはいない)、ここにきていきなりJoHがリリースされたことでしょう。本来なら、二人目もとっくにゴールイン、三人目ナイトメア難易度に注力する予定だったのだが、二人目もミサールの神殿前にJoHをプレイすることになった。

 というのも、前回書いたバグの傾向を見ていると、ミサールの神殿など、大きくシチュエーションが変化するところで多発していると思われるので(当たり前だけど)。

 逆にJoHをプレイしてからエンディングに進むとめっさバグるかもしれない? いやどうせその先は一本道だから、いくらなんでも大丈夫ではないか。
 これからは、少なくともナイトメア難易度でもない限り、フェイドとウインター・パレスの後は、ミサールに飛ばずに、先にあらゆるコンテンツを終わらしてしまうというのが私なりの進行ルートになると思う。つっても、あと何周できるかしらないけど。

ということで、やっぱそろそろエンドゲームも記事書かなきゃなあ、と思って久しぶりにブログ画面を開けたが、愚痴だけで終わる。続きやらなきゃ!

(余談)
 ちなみに、二周目のフェイドは、DAK(のバグ)が予言していたとおりに、「やっぱストラウドごめんなさい」で、「ウォーデン追放」。ブラックウォールは残した。

 そして、やっぱオーレイからウォーデンを追放したところで大勢に影響なし。きっと将来必要になったら、アンダーフェルズから駆けつけるんだよ。だってフェラルデンだってしばらく長い間、グレイ・ウォーデンは常駐していなかったのだ。第五のブライトなんて結果オーライ。次回もきっと結果オーライ。

 ハラムシラル編は、デーリッシュ主人公ということもあって、途中までブリアラの天下にしようと考えていたのだが、"The Masked Empire"の流れを尊重して(いや、尊重はしていないだろう)、セリーンとブリアラのよりを戻す作戦に切り替えた。
 だが、出ない。その選択肢が出ない!

4889
 ギャスパードを陥れるのだから「彼が謀叛を画策していた」でしょ?

 そして彼の悪行の数々を数え上げる。

4890
 死刑。

4891
 いや、それはちょっと困る。セリーンを牽制する意味でも殺されたら困るだろう。

4893
 んじゃ、追放。処刑の執行猶予付き。

 そのままセリーンとともに演説の場に向かうのだが・・・。

4888
 あれ? ブリアラがいない。

 え、どこでよりを戻すの? そのままスカイホールドに帰ってきちゃいましたが。
 あれ、選択肢を間違えたかな。

4884
 こっちか。「ブリアラが手助けをしてくれた」と売り込めと。

 そしてギャスパードの悪行を、あることないこと数え上げる。

4885
 死刑。

4894
 いやいや、そうじゃなくて。ここでも救命を歎願。

4895
 んじゃ、追放。処刑の執行猶予付き。

4896
 このコールの好感度評価もおかしいけど、またふたりしかいない?!

 何か、大事な仕込みを忘れたのか。しくじったのか・・・。
 ブローチは取ったぞ。あの官女たちにも、ブリアラ本人にも見せたぞ。
 他に何か条件があったとでも?

 うわあ、ウインターパレスに入るところからやりなおしかあ。

 いや、そうではない。そうではないのだ。出ていたのだ。

4886
 ここで、「ブリアラの褒美はどうなの?」を選ばなければならないことに、ようやく気が付いた。

 であれば、「ギャスパード生存」と、「セリーン・ブリアラがよりを戻す」は排他の関係?
 え、なんで? なんでなんで?

 えー、なんでだろう。ここ、おかしくないか?
 ギャスパードを追放、セリーンたちがよりを戻すは、どうして両立しないの?

4887
 結果的には合っている。そしてブリアラの演説が三人の中で実は一番長い。

 野郎の諸君、認めよう。歴史は、女性たちが創るのだ。
 そして野郎代表のギャスパードは、特に話題にもされずに処刑された・・・。ひどい扱い。

 こうやって何度もやり直しているから、100時間も余計にかかっている、わけではないだろうが・・・。

4897
 ちなみに私は、このダンスを一体何回見ることになったのだ・・・。

 そしてソラスの帽子も間抜けだが、彼の顔がグリッチかなんかで毎回変なのでした・・・。

 あとフロリアンヌは「道化」にしました。お裁きは今後もうないかもしれないので、どこで登場するのかしらないけど。

4898
 もしかして、とっても地味なこれ?

2015年4月 2日 (木)

【DAI】バグ、バグ、バグ。

 DAI一人目主人公も99%やりとげたとか抜かしておりましたが、その後のCODEX穴埋めで思いの他苦労している。

 まずここで、ゲーム最後までしぶとく残りやがっているバグのいくつかを、冷めやらぬ憤りとともに並べておこう。

4862
 栽培用のデスルートの種が手に入らない。

 これはBSNのお友達も結構遭遇しているみたい。ポピュラーなバグ。
 本当のところ、実害はなく、ただアンロックされないのが気持ち悪いだけ。

4863
 こちらは以前も書いた、クレストウッドのワイヴァーンがお出かけで不在のバグ。

 これもBSNを読むと遭遇しているお友達はいるようだ。
 おそらく理由は、クレストウッドの海底リフトを閉鎖するクエストの前後で天候(時間帯)が変わることでしょう。夜のうちにクエストを受け、昼になるまで放置したためだと思われる。

 そのおかげで、「ワーム・ホール」というタイトルの洒落も、くすりとも笑えなくなった。

 二人目主人公は、夜のうちにクリアした。

4864
 ウォーテーブル、サザーランド愚連隊のチェーン。
 ラットが登場する、ここで途切れる。

 原因は、DAWikiによれば、チェーンの途中で、主人公たちがミサールの神殿に行ってしまったためだとか。
 DAKのワールドステイトにも関連するので、ここで止まってしまうと腹立たしさも倍化する。

4865
 あとは同じセリフを繰り返すだけ。

4866
 DAK繋がりといえば、このオペはだいぶ前にここまで進んだのだが、DAKワールドステイトに反映されないぽい。

4867
 想像ですが、本編をクリアする前に、あるいは上の結果が出たらすぐに、ヴァル・ロヨーで実際の婚儀の場も目撃しないといけなかったのか。
 この画像は、本編クリアしたずっと後のものだ。

 数え上げて書いているだけで、どんどん怒りが増してきます。

 さらに、CODEXについて私は勘違いしていた。CODEXの隙間は将来のために開けているのではなく、バグのせいだったのだ。
 しかも本編のナンバリングと、JoH導入後のナンバリングは変わっている。そらないよ。

4868
 テイルズのCODEX。ご覧のとおり、この23番(JoH導入後)だけが見つからない。
 だがこれはバグではなかった。
 BSNやDAWikiを探しまわって、ようやくJoHのものであることがわかった。

4870
 例の離れ小島にあるらしいが、すでに完璧に捜索したはずだが?

 ところで、プレイ中には必要性をほとんど感じなかったおん馬さんだが、ここにきて非常に重宝することがわかった。こういうときに使うだけで、イライラが減ります。

 なぜ夜になっているかとか、それはプレイすればわかる。

4871
 馬の次は小舟に乗り継ぐ。

4872
 おっかしいなあ、こんなに小さな島だし、前回隅々まで探したよなあ。

4873
 やっぱ、ないなあ。

 なぜ海が凍っているかとか、それはプレイすればわかる。

4874
 あ。

4875
 こんな金貨の山を、豪快に見落としていた!
 そしてここに最後のテイルズのCODEXもあった。

 よかったよかった。せっかくだから金貨も集めて持ち帰るか。

4876
 だが、金貨に手をかけた途端に嫌な予感・・・。

 喪われたマーダラー(人殺し)の金貨なのだ。

4877
 あああ。

4878
 レヴェル30、ディスペア・ディーモン×4(笑)

4879
 レヴェルはスケーリングされてるんでしょう。まぢ、洒落になりません。

(追加:二回目レヴェル23ローグで突入したら、しっかりレヴェル30のディスペアが湧きました。少なくとも下のレヴェルにはスケーリングされてません。これは一種のトラップです!)

4880
 これまでのどのドラゴン・ハントよりも、手に汗握る展開のバトルとなってしまった。

4881
 最後は主人公もドリも、皆で寄ってたかってボコ殴り状態。

 クラフティングは大事です。真面目にやっといてよかった。

4882
 やれやれ、と残りを回収している間にもう一回出てきたら笑ったけど。

 そこまでサディスティックではなかった。しかも金貨も大したことはない。

4883
 ただのルーチンの捜索のつもりが、えらいことになってしまった。

 他にもとりっぱぐれているはずのCODEXが数枚あり、何枚かはバグかもしれない。

 でも、もうさすがにディスペア×4てのは、ないでしょうね。
 

2015年4月 1日 (水)

【DAI】JoH全プラットフォーム・リリース時期

JoHのPC、XOne以外のプラットフォーム発売は5月だそうです。

  ブラック・エンポのリリースも5月だそうです(既報)。

 太平洋のあちら側、まだエイプリル・フールではないので大丈夫でしょう(というか、こんなしょうもないことで嘘ついたらアホ)。

 それから、パッチ7のベータテストへの応募もDAのツイッターでやっています。ご興味があれば。

 個人的には、一人目メイジ主人公はJoHもいっぺんクリアして、その返す刀で本編の積み残し案件も一通りなぞり終え、(ウォー・テーブルのポカミスで逃したオペやら、しぶといバグやらのせいでコンプできていないコンテンツを除き)99%はプレイし終えた。Normal難易度。レヴェル27あたり、インフルエンスは結局20まで届かない模様。お金でインフルエンスは買っていません。

 これでやっとこ二人目エルフギャル主人公のエンドゲームを突っ走れると思ったのだが。

 よく考えたら、本編クリアしてしまうとソラスがいなくなる。

 ソラスの新しいバンターも観ないといけない。故にどこかでJoHをひととおりプレイしなければならない。しかもクライマックスにきっとセリフがあると思われるので、通しで。

 うーん。いったいいつになったら、二人目がゴールインできるんだ。

 そうこうしているうちに、なんちゃらEternityがリリースされ、バッカーだった私はSteamでプレイできるようになっている。しないけど。メタクリが弱小レヴューサイト(IGNを除く)の判官贔屓のおかげでやたら高いスコアをマークしているが、うそこけ。
 ゼッタイにクリティカルなバグが残ってますって。

 とはいえ、批判するためにもいずれはプレイしてみたいのだが。このままではDAI漬けの生活がしばらく続きそうだ。The Witcherも、この調子では手え回らへんな。 

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »