フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】エルーヴィアン | トップページ | 【DAI】レミゼ(2) »

2015年2月14日 (土)

【DAI】レミゼ

 さて、おそらくDAIプレイ中、一番脱力した瞬間にやってまいりました。
 エンディング後のあれよりも、個人的にはこっちがいやでした。

 シリーズ過去のパソクエには色々記憶に残るものがありました。

 たとえばざっと挙げても、DAOのアリスターの姉貴ご対面。レリアナとマジョレーン。
 DAOAオーグレンふたりめの妻。シグルーンのやつは泣いた。泣いたなあ。
 DA2なら、パンツ履いてないイザベラの颯爽とした登場シーン。でも案の定嘘つき女、そして案の定とんずら。
 さらにはユーモラス・ホークでやるとセリフが爆発的に面白かった、アヴェリンの婚活問題。

Screenshot20110321181048942
「何ですか、これ? 銅製のレリーフ? マリーゴールド? しかもご丁寧に『マリーゴールド』と記してある。いやあ、手は込んでるけど、でもなぜ私に?」

Screenshot20110321181103555
「『はい、これ捨てといて』ってことじゃないかな?」

 アヴェリンといえば、セバスチャンがユークレインじゃなくて、カークウォールを併合するというこのオペ。

3553
 プリマガイドでは「放っておくのが吉」(ジョジー案を採用)とか書いてあるのだが、守ってるのアヴェリンですよね? いいのかそれで。

3551
 レリアナはセバ側につくように、と言ってるのかな。

3552
 カレンはアヴェリン側につけ?

 これは当然ホークがアンダースを処刑しなかった場合の話ですよね。どう選んでもアンダースが(テキスト上でも)登場することはなかったはず?

 DAIで良くも悪くも記憶に残りそうなパソクエは、情けないことにきっと下のエピソードだ。
 そん次はブルだが、あれはちょっとなあ。

 力落ちてないか、BioWare?

(内幕)実はブログ記事のかなり最初のほうにいただいたコメントで、うっすらとわかってしまっていたんですよね・・・。
 今回はスタートダッシュが必要な瞬間に海外出張もあって、世界中から豪快にフラゲされましたからね。F1で言ったら、エンジントラブルでピットレーンから最後尾スタート。それでもエンジンかからず、ようやく動いたときには二周くらいラップされた感じ。普通なら速攻でリタイア。

 日本語同時リリースなんてキライだい!(いや、英語版で遊んでる人にばらされたこともあっただろう、過去) 

 気が付いたとか、うそをつけ、プレイスルーの要所要所にブラックウォール登場してるじゃねえか。無駄とわかってたらやってないだろう。
 いや、薄々わかってても敢えてそうしたのよ。だって、知らなかったら当然そうしたわけだから。アメフトでいうプレイ・アクションとお考えください。

 ただし、まさかこんな展開とはもちろん思っていなかった。

3555
 木彫りのグリフォン完成してたんだ。

3556
 置き手紙。

3557
 世話になった、友よ。君はものの善悪を、さらには善をなす勇気を教えてくれた。
 仕えることができて誇りに思う。 

 んー、そう言えばあの酒場での亀・・・、犬の話。

3558
 レリアナの手下?
 ブラックウォールが姿を消したと言う。

3559
 レリアナたちは、ブラックウォールの居室から紙片を見つけた。
 先週のレリアナ宛の報告書類から破り取られていたものだ。

3561
「カリエの虐殺(9:37)の下手人のひとりモーネイ少尉がリーズ(Rydes)で捕縛される。
 他の下手人たち同様、レイニア大尉(逃亡中)の指図に従ったのみであると罪状否認。
 今週、帝都にて絞首刑の予定」

 過去「ライデス」と書いていたが、発音は「リーズ」だった。

3572
 ・・・。

3629
 ヴァル・ロヨー。

3631
 随分暗いと思ったら小雨。

3632
 公開絞首刑台。

3633
 偶然にも殺害されたカリエ将軍の名前は、主人公と一緒。
 (Vincent、ただし仏読みでヴァンセント)

3635
 そんなことはどうでもよく、罪状は使用人も含めた一家皆殺し。

3637
 この期に及んで申し開きすることもない。

3636
 ブラックウォールはあの者をリクルートするつもりか?

 最後までミスディレクションを散りばめるとは、細かいな。

3638
 あきれた。こんなにも皆の民度が低いとは。

3639
 可哀想に。ねえ、でも料理はどこ? オリージャンは決まって用意してるはず。

3640
 え?!

3641
 執り行え。

3642
 待った!

3643
 グレイ・ウォーデン!

3644
 この者は無実である。良き兵として、命令に忠実に従ったのみ。

3648
 ならば、命令を下した者はどこか?

3649
 ブラックウォール!

3650
 私はブラックウォールでもないし、そうであったこともない。

3653
 ウォーデン・ブラックウォールは何年も前に亡くなった。
 私は臆病にも、彼の名を用いて正体を隠した。

3654
 あんた・・・、ようやく今になって・・・。

3655
 終わりにする。隠れるのはやめた。

3656
 命令を下したのは私だ。罪は私にある。

3657
 私がレイニアだ。 

3658
 ・・・。え、レミゼ?

3659
 ・・・。ジャン・ヴァルジャン?

3660
 自ら牢に向かう。

3661
 牢は市場の外にある。別れの言葉を告げるなら急げ。

3662
 ひどい騒ぎだが、こっちはさっさと事を運んでしまうつもりだ。
 皆やつが吊るされる姿を見るのを待ちきれんだろうからな。

 レ・ミゼラブル、ジャン・ヴァルジャンねたとは・・・。
 意表をつかれたというか、随分ベタできたというか。 

 最新の映画版では、さらっと流されてしまっている(しかも犯罪の告白は冗談に扱われてしまうというご都合主義)から、気がつかない人がいるかもしれないが、まあ似たようなネタです。
 いつもセットで思い出すのが、「恩讐の彼方に」という菊池寛の短編小説。 
 それから詳細思い出せないけど、死んだ英雄(著名人)の代わりとして立ち回るプロットの話もありましたね、有名なやつで。

 やはり書いていても脱力してしまう。もう一回あります。

« 【DAI】エルーヴィアン | トップページ | 【DAI】レミゼ(2) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

コメント

DAの過去作のエピソードは、ユーモアのあるものもしんみりしたものも、どこか洒落てましたね。
教訓めいた押し付けがましさが無いのも、Bioは昔からそうだったと思います。
判断・感想は、あくまでも見た人の感性にまかせていたんですよね。
それが、どうもDAIでは違う気がする。
ねぇ、見て見て!といわんばかりの下世話さを感じる事もあります。

私は、DA2でリアンドラが死んだ時のアヴェリンのホークへの弔辞も記憶に刻まれてます。
決して安っぽい「お涙頂戴」の話じゃないんですよね。
私事ですが、私は若いうちに母を亡くしておりまして、時が経ってるがゆえに、アヴェリンが何を言いたいのかわかる気がするのです。
だから、リアンドラの死は本当に嫌だったんです、抑えてましたけど。


>ブラックウォール
Vaniさんの、彼の扱いに気づいてました。
いつ来るか、いつ来るかと思ってた。(笑)

これは、Bioとしては力が入ってたように見えます。
そうだなぁ、DA2のDLCのタリス並みの扱いに似てるかも。
執拗に伏線張ってますしね。
コンパニオンの間でも、ヴァリック、セラ、ブルは何かを感じ取っていたみたいですし。

 DA2は全体が「獲得と喪失」、暗く重い話なので、パソクエには幾分軽めのものも散りばめていましたね。コンパニオンものではないが、「ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー」は「うまい」と思いましたよ。もちろんライターの思惑通り進めた場合ですが。

 DAIのコンパニオン・パソクエ(ロマンス以外)で記憶に残りそうな(=記事にしたくなりそうな)のって、残念ながら多分これだけ。
 アドヴァイザー三人(+カサンドラ)のほうに力を入れ過ぎたとみた。

 ブルのやつが次点ですけど、もっと膨らませたらよかったのですが、ちょっとお金かけなさすぎ。 
 ちっちゃいものでは面白いのいくつかありますけど、シリーズのこれまでのように、ずっしりくるものとしては今回は貧相ですね。

うむ、ブラックウォールに関しては大掛かりにしてる割には、Vaniさんのおっしゃる通り、ネタのベースや展開がちょっと…。
お裁きの後、主人公との会話で彼について語るのは、セラの他にもヴィヴィがいますね。
他のコンパニオンは、外のバンターで突っつくくらい。


DA2全体が「獲得と喪失」ならば、DAIにも何かあるはずじゃないでしょうか。
インナーサークルは、コンパニオンとアドヴァイザー合わせて12人。
12人のストーリーを眺めると、見えてくるテーマがあるように思います。
12人中10人以上にあるならば、これは偶然じゃないですし。
ブラックウォールの話は、解りやすくインパクトを与える為だったのかも。

その中ではずれてるとしたら、ヴィヴィじゃないかと私は思ってます。
ヴィヴィが極端に影が薄いのも、何かの事情でその部分が語られていないせいじゃないかと。

ブルの話もびみょ~かなぁ。
私は、(ウケ狙いで)いろいろいじり過ぎて薄まってしまったような気がしてます。
プレーヤーの好感度が高そうな要素が揃ってるブルではありますが、彼の「真(まこと)」がどこにあるか、私にはよく見えてこないんですよね。

あ、あとブルは、戦闘でAIまかせにしちゃうと、泣けるほどめちゃくちゃ弱いんですよねぇ。
ストーリーでは、口が達者で猛者ぶってますが。やっぱ嘘つき?(笑)

 前も書いたかもしれませんが、DAIのインクイジターは「触媒」。いわゆる「狂言回し」。DAOの無言の傍観者に回帰したことになります。必然的にMr/Ms Nobodyでないといけない。
 MEシェパードも、「ソロ・サヴァイヴァー」、「軍人」という色が若干付いているが基本は狂言回し。The Witcherの誰だっけ、ゲラルトも「ミュータント」、「ウィッチャー」という属性がついてるけど、ゲーム上は同じ役割。

 触媒だから「獲得と喪失」はありません(あってもゲラルトのようにゲームの外で済んでいる)。自分自身は変質しないのが触媒の定義だから。ME2でシェパードが「完璧」に再生されたのは、そういう物語の要請があったから。せっかく蘇生(リザレクション)したのに何の力も獲得していなければ、何の記憶も喪失していない。(そういうテーマもありえたでしょうが、MEチームは居心地悪くて嫌ったのでしょう。多分それが正解。ああ、一個だけ「獲得」してる。「シェパード、死んだんじゃなかったのか?!」、「皆から良く言われるんだよね」というお約束ジョーク!)

 DA2は「一代記」。立身出世の物語。古き良きイギリスあたりの伝統文学に準拠した王道。少なくとも大人が読んで耐えうるものは、「必ず」獲得と喪失の物語になります。最近ではアメリカの名作映画"There Will Be Blood"(2007)が全編そうであって、参考になります。
 DA2は残念ながら諸般の事情もあって大向うには「受けなかった」。

 結局、ヴィデオゲームと「文学」は違う。不特定多数のユーザーが求めるのは「白紙」、書き込み可能な生DVD、無色透明な主人公。DA2からBioWareが学んだのはそういうことでしょう。是非はともかく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】レミゼ:

« 【DAI】エルーヴィアン | トップページ | 【DAI】レミゼ(2) »