フォト
無料ブログはココログ

« Last Flight 24(2) | トップページ | Last Flight 25(1) »

2015年1月 8日 (木)

【DAI】お裁き

 読者の中には、紙芝居のほうが、ただ画像切り取ってペタペタ貼って、適当なこと抜かしてればいいから、超楽ちんだと思ってる人もいるでしょうか。小説の紹介なんて大変なことは後回しにして楽なほうをやれ、ぼけと。

 まったく逆。翻訳が超楽。だって内容は他人様が考えたことなんだよ? 笑かす必要もないし。完璧に分量から時間が読める。出来栄えだってそんな毎日変わるはずがない。これはたとえ商売にしたってそうそう儲からないはずですわ。特に英語はできる人多いから。

(紀伊国屋でも辞書が一種類しか売っていないような、マイナー外国語の翻訳は確かにど楽勝でしょう。誰もわかんないんだから。全部てきとーな嘘っぱち並べたってへっちゃら。現に大学で教えてるのにもその手のはザラにいるようだし。ま、儲かってないから何やってもいいんだ、と思ってるんだろうね。羨ましい人生かもしれない)

 紙芝居のほうは必死です。いつできるか、どこまでできるか、やり終わって初めてわかる。血のにじむよーな暇つぶしの産物です。
 そして単なる作業の翻訳には何らテンションが必要ない一方、紙芝居はごりごりそれそれあげぽよわっしょいでなければとてもできない(BABYMETAL聴きすぎ)。

 もちろん、ただゲームをプレイしてるのが一番楽ちん。
 よーし、テンションあがってきたぞー。

2673
 ホークは言葉通りワイズホプトに向かった。ウォーデンたちはヴェナトリの影響を受けることなく、ディーモンやレッド・テンプラーどもと戦っている。

2675
 コリフィアスに大打撃を与えたわ、インクイジター。

2676
 ストラウドのおかげだよ。それとディヴァインの。

2677
 とはいえ、オーレイが混乱に巻き込まれたら何にもならない。
 ハラムシラルの舞踏会に赴く準備は整っている。いつでも声をかけて。

2678
 コリフィアスは女帝と大公の間の政争の火に油を注ぐつもりかもしれない。
 セリーンに警告することができれば、最強の盟友を得ることになるかもしれない。 

 色々家事まわりをこなしてから、声をかけるようにしよう。

2681
 彼女は、どんな感じだったの? それとも彼女の姿をしたスピリット?

2682
 落ち着いていたように見えた。むしろ静謐なほど。ずっと導いてくれた。

2683
 彼女らしい。

2684
 でも、君に言伝てを告げるように言われた。
「ごめんなさい、私も役に立てなかった」

2686
 ああ・・・。

2687
 その話はまた後にしましょう。・・・ありがとう。
 

 誰にでも、一人で泣くべきときがある。

2646
 予想どおりというか、リースとエヴァンジェリンについては、テキストだけの登場かな。

 コンクレイヴに出席するはずだったリースを、テンプラーの陰謀を恐れたエヴァンジェリンが止めた。居場所はわからないが、ヴァル・ファーミンの付近で傷つき、テンプラーたちに捕縛されたとの目撃情報がある。 

 ヴァル・ファーミンは、エヴァンジェリンの生家の領地だったヴェランの付近ですね。

2648
 この男の処罰に関してだが。

 私は、結局全てのパターンを見ることになった・・・。
 最も悲惨なものはどれか、確かめるため。

2650
 トランクィリティが最も残忍な結果だったが。
 当然と言えば当然、メイジは総すかん・・・。

2651
 ヴィヴィ?!

2653
 やはり、本人の狼狽ぶりもこれが一番。
 

 だが、不肖わたくし、腐ってもロールプレイヤー(いつから?!)
 メイジのロープレ的にはこれは選べない・・・。

2656
 インクイジター自ら首を刎ねると宣告しても、真実は来るべき世界にあるとのたまう。

 グレイ・ウォーデンに引き渡すでも、牢獄に死ぬまで投獄する(結局これにした)でも、ほぼ一緒。

 でも、やはり裁判大好きなお国柄なのか(それはお隣のUSだが)、ツボはしっかりおさえている。こいつは、「こんな法廷には、自分を裁く正統性がそもそもない」と主張しているのだ。裁判自体に何の権威の裏付けもなく無効であると。
 おかみにひれ伏すのが当たり前と思っている田舎者の島国人が、さっぱりわかっていないのがこれなんですが。口角泡をとばして「でも国際法があ、でも国際法があ」と叫んでいる連中を見ると、私は本当に冷酷な気持ちになります。国際法は空母艦隊が作り、運用しているのだ。言葉で勝てたら軍隊もスパイも要らない。国連などアグネスに任せておけ。
 

2657
 これまで裁きの場面は何度かあったが、斬首刑はこれ入れて二回だけ?

 しかもこのセーヴは結局用いなかったし。

2688
 逆に意表をつかれたのはこれだ。

 裁きは済んだはずなのに、リトリーヴすべきセーヴファイルを間違えたか?

2689
 シニア・ウォーデンは関係ないだろう。ただの兵隊だ。しかも投降し、公開処刑を望んでいる。どいつもこいつも死に急ぎやがって。

(なんか今回のDAは、こういうところがすごいイヤ。なんで挟むのこれ?)

2690
 理由はともかく、同胞を手にかけたことに違いはない。自分が受けた血は、ブライト以上に穢れている。

2691
 コリフィアスに操られていたことは除外しても、ブライトとの戦いにおいて、ウォーデンには沢山の治外法権が与えられている。

2692
 大いなる善を理由に自分の罪を正当化し、それが形作る未来に自分の居場所があるなんて振りをすることはできない! 見せしめとしての死以外、自分に道はない。

 「正統性」と「正当性」、まるで異なるものですのでお間違えないよう。

2693
 これは・・・。悩んだな。ロールプレイヤーとして(だから、いつから?!)
 しかも今見たら、当然あると思っていた「処刑」がないんだな。ひどい誘導。

2694
 インクイジションは信仰のため戦う。我らの任務にはより大いなる目的がある。

2695
 それもときとして忘れがちになる。サー・ルース、アンドラステの遣いとして、あのお方の名にかけてそなたの罪を赦そう。心穏やかにあれ。

2696
 お望みとあれば・・・。

2697
 あ、ここで放免するのね。

2698
 リースとエヴァンジェリンは見つかったようだ。この後でインクイジションの手先(言葉が悪いが)として働くことになるのかな。
 そしてまた二人とも怪我の治療が必要な状態だとか・・・。いつもだな。

2701
 ふーむ。最後まで文字だけか・・・。

2700
 コールのパソクエに必須なんでしょうね。

2702
 フェラルデンの英雄も、文字だけの登場かな?

2704
 かなり時間がかかりましたが、お手紙とアイテムがもらえただけ・・・。

2703
 サー・ルース! チャントリーの巡回宣教師(いわゆるサーキット・ライダー)になるつもりらしい。チャントリーの威光の届かぬ所へ向かうと。
 まだ死に急いでいるのか・・・。手間のかかる奴だな。なんとかしてやってくれ。

2705
 せっかく救った人生、勝手に死なれたら困るのだ。

 フェラルデンの英雄(生きている)も、リースとエヴァンジェリンも、それから後の方ではゼヴ(生きている)も・・・。登場は文字だけってのは、どうなんだろう。

 DAIの次に温存しているとか。この中ではエヴァンジェリンは、何かありそうだなあ。

« Last Flight 24(2) | トップページ | Last Flight 25(1) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

コメント

すごくすごく疑問だったのは、アリスターにはコリフィアスの「コーリング」はなにも影響あたえなかったのかっていう・・・。
酔っ払いに落ちぶれても王様でもウォーデンはウォーデンなんですから、「ウォーデンに残留している」アリスターでなくてももうちょっとクエストにからめてよかったんじゃないですかねえ。

ホークとストラウド以外は文字だけ出演なのもがっかり。
別にあれストラウドじゃなくてナサニエルでもよかったんじゃ!
DAO主人公はゼブランがロマンス相手だとまだ「一緒に旅している」ような感じがして少し慰められました。

あと、ウォーデンは追放しないと全滅しちゃうからフェイドから帰ってきたあと追放するほうがホントウはよかったんだろうかって考えてしまいます。

(以下、オーレイにいないと影響されないのー、というしょーもない言い訳はボツ、という前提。フェラルデンに逃げたストラウドだって影響されてるし、同じくカークウォールに行った、私の場合べサニーはアヴェリンの庇護を必要とした。)
 ブライトの穢れについては、元ウォーデンのフィオナも「ちゃい」なんですよね。だから(本当は実子という設定にしたかったし、書き手は内心ではいまだにそう思っている)アリスターにも「ちゃい」の遺伝子なのか免疫なのか(非科学的だなあ)、何かが継承されてるとか?
 そうそう、元テンプラーのアリスターに関してはレリウム中毒も「ちゃい」です。カレン(または堕落したサムソン)の苦悩を見ていると、なんで?と思っちゃいますね。そっちは「まだ二十歳前だったので影響が少なかった。喫煙は早めにやめよう! 先生もがんばる!(知らんがね)」みたいなこじつけがありうるけど。

 以前にも言われていたように、バン・ティーガン(当時、今アール)もあれだけ戦って無影響(イミューン)なのと同様、理由はBioWareの上位魔法、「プロットの要請」でしょう。身も蓋もないけど仕方ない。物語の中で説明しようとするとMass Effectシリーズじゃないけど、フェラルデン王家に流れるブラッド・マジックの血流説とか陰謀説が出てきそう。

 ナサニエルはプレイヤーによって「いない」パターンがあるから、それも場合分けになることを差し引いても、あの二択が「がつん」と来るインパクトはあったでしょうね(あの二択自体を認めたくないけど、それはともかく)。
 さらに広げて、ベサニー/カーヴァーの場合だとすさまじい二択になる(BioWare悪のライター陣は間違いなく検討しているはず)わけですが、ここは若すぎるから用いなかったという言い訳が可能です。最低でもシニア・ウォーデンでないと「反逆者」扱いされないだろうし、事後の軍団復興を指導できない。DA2でウォーデンに引き取られるパターンが発現する可能性も低いし。

 そういえば(いつも忘れるが)アンダースもウォーデンか。ま、どのツラ下げて出てくるんだとなって、ほとんど二択にならないでしょうね・・・。話はとてもおもしろいけど、グランド・クレリック爆殺の「決着」がこんなところでついちゃうのはもったいない。
 話せば話すほどストラウドの地位がさらに落ちる。つまり「ご指名」さんが誰であっても「ヘルプ」さんは「ヘルプ」さんでしかない・・・。BioWareがよかれと思ってやったことは、派遣さん/パートさんへの職場差別に近いと思います。

 ゼヴもDAIの次に温存なのかなあ。デーリッシュに限らずエルフへの見方は、私の場合DAIの最後で180度変わっちゃいましたからね。皆さん大嫌いな(私はあの露出が好き)DAOAのウォーデンだった彼女もそう。メリルっち、フェンリスも今回温存。
 それからスピリット/ディーモン関係者。こちらはまさにアンダース、リース・アンド・エヴァ、フェンリエル(エルフでもあるか)、コナーは使っちゃったか・・・。モリガン登場はそれらの「先駆け」じゃないのかな。

 ウォーデンはオーレイから追放しても、そこに残しても、後には大した影響ないですよ(と私は思いましたよ)。ウォーデンのいないときにブライトが襲ってきたら、セダス滅亡が確定ですから。結局「プロットの要請」で拾うんでしょう。

横からすみません。
アリスターですが、リリウム摂取前にダンカンにリクルートされたとDAOで言ってましたよ。

そして、テンプラーのマジックスポイルの技を使う。あれはどうなんだー!
言われて思い出しました。そのとおり。そしてテンプラーの技を使えるのは、BioWareの別の上位魔法「ゲームプレイ上の要請」であった、とゲイダーさん言ってましたね。
本作では、キャスの口から、シーカーの類似の技はレリウムではなく瞑想と覚醒が原動力と言わせてますね。辻褄あわせてきたな。

「お裁き」の場面も歯痒いことありますね。
選択肢はあるけど、用意されてるものしかないww。
一応、ウォーテーブルのパークで、知識Expアップをとると会話選択肢が場合によって増えるということで、この「お裁き」にも適応されてはいますが…。

1周目ではつい見落としがちなものはいろいろあります。
「密偵」のスカウトもそうですね。
「密偵」が増えると、サポーターの作戦の処理速度が上がるだけでなく、結果パークもアンロックしやすくなるようです。

ああ、そうだ、ヒンターランドで一番最初にサイドクエストを指示してくれるペイル伍長もそうだなぁ。
クエストをこなして改めて挨拶に行くと、審問会の力がボーナスアップされるんでした。
コンパニオンの好感度にも変化がり、私はここでコールの好感度を大きくアップさせることに成功。
クエスト完了のメッセージで終わりと思いがちなので、盲点かもしれません。

DAIでのレリアナは、苦悩する姿がよく出てきます。
彼女の心の闇は深い、というのは本当だったんですねぇ。

 高難易度だと、ウォーテーブルも結局無視できないですね。手なりでやるのとだいぶ違いが出そう。

書いても書いても終わりのないプレイスルー。画像枚数は増え文字数は一記事で原稿用紙5枚を超え……w でも面白いんですよねこれが。

>>こいつは、「こんな法廷には、自分を裁く正統性がそもそもない」と主張しているのだ。
やっぱりここですよね。そしてジョゼちゃんに「関係各位すべて審問会に委ねると合意しております」と、さくっと蹴られる。いや痛快。
幽閉だとコールの好感度が下がったかもしれませんね?私はあの世でワナビーゴッドにお仕えせえ、と斬首しましたが。

 そんなことはどうでもよくて(いや、これどうみてもテロリストのリンチだから! てのもとても大事な話だけど置いておいて)、そちら様のブログのドラゴンのお話。それって実は考えたくなかったんですよね・・・。
 今じっくり読ませていただいて、自分なりに考察しております・・・。
 (DA神話論にご興味ある方はこのブログ左側のリンク欄にある"Laffy's・・・"で)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】お裁き:

« Last Flight 24(2) | トップページ | Last Flight 25(1) »