フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】フェイド(DAIプロット説明編) | トップページ | 【DAI】感想など二発目、エンディングねたバレ注意。 »

2015年1月 3日 (土)

【DAI】フェイド(確執編)

 ずっと書き忘れていましたが、もちろんアダマント要塞からいきなりフェイド突入なんて、当時知る由もなかった。
 DAシリーズなので必ずフェイドに飛ばされるだろうことはわかっていた。

 DAOで最大三回、最低一回。サークル・タワー、スロス(怠惰)のくだりがクリティカル・パス。タワーメイジ・オリジンのハロウィング編がキャラクター依存、レッドクリフ城コナー編がオプショナル(アナルメント発動、ジョワン処刑で実行不可能になるパターンあり)。
 DAOAで一回。ザ・ファーストとジャスティスのくだり。 DAOのDLC「アムガラク」でもあるっちゃあるが、あれは超マイナー。 
 DA2で一回。フェンリエルのくだり。

 全部嫌いですが(笑)。DAOとDA2ではコンパニオン別に展開があるので、繰り返してみないといけなかったのがさらに苦痛だった。
 お話としては、DAOAザ・ファーストとジャスティス編は大好きでしたが。
 似たようなものでDAIのメイジ編もテンプラー編も、あんまし好きじゃないんですけどね。
 すでにファンタジー世界にいるのに、またそこから幻想の世界にとばされてもねえ・・・。それはDAのフェイドに限らず、MEの仮想世界、Skyrimのあっちの世界も皆一緒です。

 「フィアー」、「テラー」、「ホラー」は、特に区別を気にせず「恐怖」としてきましたが、使い分けないといけなくなる。
 そういえば、「恐怖」もまた、明治時代に捻出された「重ね言葉」ですね。「恐れ」と「怖れ」。少し意味が異なりますが「畏怖」も「畏れ」と「怖れ」。「畏怖」の英語はヴィヴィアンの大好きな「オウ」(awe)。
 危惧は危ぶみ「惧れ」る。憂懼(ゆうく)は憂い「懼れ」る。

 あんまり難しいこと考えても自分で忘れるので、フィアー、「不安」、テラー、「恐怖」、ホラー、「戦慄」。こんなところにしときますか。


 そしてナイトメア、「悪夢」は、やっぱりコンパッション、「共感」(慈悲)の裏返しという扱いであった。「悪夢」は感情とは違うからちょっと苦しいですけど。
 「共感」の反対は辞書には「反感」とあるが、この場合はそうではなく「冷淡」、「無関心」。
 「慈悲」の反対は「無慈悲」(笑)。ではなくやっぱ「残忍」とか、「酷薄」かな。

2448
 おばちゃん?に言わせると、コールすら、「共感」の誤った形になってしまうのですが。

2446
 自分?自身のことは、のらりくらりとはぐらかして答えない。  

 コリフィアス/ナイトメアは阻止しなければならない。
 あなたは、そのためにここにいるのかもしれない。故に自分がここにいるのかもしれない。
 循環論法。

2449
 寺院で何が起きたか、それはあなたの記憶の中にある。
 私の言葉を信じるのではなく、目で見たものを信じなさい。

 こうなると、怪しげな新興宗教の手口と変わらない。

2450
 アンカーはフェイドの扉を開け閉めする鍵。それなくしてフェイドを生身のまま歩くことはできない。 

 ここは、インクイジターとコリフィアスがなぜ生きて戻れたのか、辻褄合わせとして意味がある。だが、ディヴァインは?

2451
 また「記憶」を集める。

2452
 冒頭のシーンだ。

2453
 頂上にいるのは。

2454
 ディヴァイン。

2455
 立ち止まらないで!

2456
 ああっ!

2457
 行って!

2459
 あああー!

2460
 ・・・。

2461
 ダイヴ。

 2462

 明転。

2463
 あなただったのか・・・。

2464
 ・・・。 

2465
 私をフェイドから送り還したのは、アンドラステではなくあなただった。
 そしてあなたは・・・、彼女は死んだ。

2467
 そう。

2469_2
 じゃあ、これはやはりただのスピリット?
 最初からそう言ってるじゃないか!

2470
 失望させてしまったのなら、謝りましょう。

2471
 (この顔の意味がわからん)

2472
 うー。

2473
 --ん。

2475
 この姿は見たな。

2476
 私を手助けするため、ディヴァインの御心が留まっておられたのか。

2478
 そういう話にしたいなら、出来もなかなか悪くない。

2479
 生身のディヴァインは、あの寺院でグレイ・ウォーデンの手によって殺された。それが真実だ。

2480
 だから、コリフィアスに操られていたというのだ。
 アダマントに戻ってから話そう。

2481
 へ、アダマント要塞ね。ウォーデンが生み出したディーモン軍団と戦ったところね。

2482
 てめえこそ何様?! カークウォールの騒動とメイジの叛乱を始めたのはどちら様?!

2483
 無辜のメイジを救っとったんじゃ! ブラッド・マジックまみれのいかれた連中と違うんじゃい、われ!
 コリおらんでも、どのみちウォーデンはやり過ぎたんちゃうんかい?!

 やたらとなぞるなあ、ホークてばどうしちゃったの?と思いますよね。
 ブラッド・メイジ嫌いを強調してるのかなー、くらいにしか思っていなかったが、それにしてもやりすぎ。

2484
 血が優しく歌う。止むことはない、彼らにはそれしか聴こえない。これ以上人々を傷つけさせてはいけない。

 いい頃合いでコールが止めてくれるわけですが。

2485
 カサンドラも、ウォーデンは隔離せよ派。

2487
 誰もが過ちを犯す。彼らは俺たちを救うため死ぬ覚悟だったんだぞ!

 この人は聞くまでもないかな。

2489
 スウィート・メイカー、ふたりともよしなさいって!
 どでかいフィアー・ディーモンに勝ってからにしてくれ!

 つっこみは一種類しかない、インクイジター。

2490
 このシーン、濃すぎるなあ。

2491
 やたらと蜘蛛が出て来た。

2493
 ナイトメアに見つかった。

2494
 先に行ってまーす。

2495
 ベタに頷き合うふたり。

2497
 戦いは省略だ。

2498
 コールに救われなかったら、やばかったのは秘密・・・。

2499
 ウォーデン・ストラウド。人生の全てを捧げたウォーデンの破滅を目撃するのはどんな気分だ? なお悪いことに、貴様もその破滅に加担したのを知ることは?
 次のブライトがやってきたとき、人々は貴様の名を口にして呪うのだろうか?

2500
 メイカーのお力添えのもと、このくされ外道を始末する。

 まだコリフィアスに絡まれてなかったストラウド。

2501
 怖れよ、余はコリフィアス自身の隠された片腕。
 ディーモンの軍団は余の配下。余にバインドされている。

 さきほどのスピリットとナイトメアが言い争っている。

2502
 ああ、ならばそなたを倒せば、ディーモンどもが皆消え去ると。恐れ入ります、全ての恐怖が蘇る。

 悪趣味な洒落ですこと・・・。「恐れ入ります」は私の洒落です、念のため。

 おあとがよろしいようで。

« 【DAI】フェイド(DAIプロット説明編) | トップページ | 【DAI】感想など二発目、エンディングねたバレ注意。 »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

コメント

このフェイドが嫌だと、黄緑色のバスクリンのお風呂も抵抗あるんでしょうか。
私は風呂で気づいたら、バードの歌う「エンチャンターのうた」を鼻歌まじりで入ってました。
あれ、なんか耳に残るんですよねぇ。

ホークとストラウドの頷き合うシーンも笑っちゃいましたよ。
今回のDAIは、ベタなシーンの出来が本当に良いです。
ホークの突っ込みの激しさは、DAKからのホークの性格とは関係ないんでしょうかね。

ここでのメンバーで、コールは正解でしょう。
会話もですが、好感度上げるチャンスでもありますしね。
コールの好感度を上げる機会ってなかなか無いんですよ。

あ、私、エルフ女子メイジでようやく1周終了しました。
ハードモードでも全然大丈夫ww、コンソール版だから。
実際は、1周半なんですけどね。
ソラスのロマンスは失敗。フラグが何かあるのかなぁ。
ハートの安売りもダメなのね。

ん~、何て言ったらいいんでしょうねぇ…。
カジュアルを意識すると、こうなっちゃうの?という感じですねぇ。
Vaniさんがちょくちょく挟むインクルーシヴィティも含めて、他に方法なかったのかなぁ。
中途半端な印象を与えるネタなら、いっそやらない選択肢もあるでしょうに。
「とりあえず文句を言われない」ゲームを、私はBioには望んでいないのですが…。
あとは、やっぱ風呂敷広げすぎて、開発期間足りなくなっちゃったんですね、これは。

(追加) 言い忘れた。クリアおめでとうございます。感想コーナーでも、別途やりますかあ。

 DAのフェイドはシュールレアリスムの表現が陳腐なんです。シュールが「見飽きた」って相当ひどい批判ですよね。でもそうなんです。
 正直、DAOやDA2のディープロードのほうが圧倒的にシュールだった。エキゾチックでした。
 これは言ってもしょうがないんでしょうけどね。そんなアーティスト雇ってないだろうし。カナダやUSで食えるはずないし。意外に和製アニメのほうが勝ってたりする分野です。
 DAOAのフェイドは、マップも雰囲気が良かった。あのくらいに留めるといいかもしれない。
 今回は、他のマップがスーパー・リアリズム狙いだから、落差が大きいです。フェイドを開発工数削減に使っちゃだめですよ。

 インクルーシヴィティは社是なんで仕方がないですが、それで落とした売り上げ(かなり落としてます)を挽回するためのカジュアル指向だとしたら、この記事のフェイド回りの話なんてきっと通じないんではないかな。どうなんだろう。なんか色々ちぐはぐな気がする。
 私は、作り手の世代があがってるのが心配です。気が付いたら、ぬるま湯なおじさんおばさん向けになってたりしないでほしい。自分おっさんだけど、おっさん向けのゲームはプレイしたくないですね。

 DA2で、MLが好きなエピソードはアヴェリンが彼氏(誰だっけ?)とデートするやつ、と答えていて、確かに面白かったとはいえ、「あー、開発がおっさん化してるわ」と痛感したことを思い出しました。

 PC版とコンソール版、どのくらい違うかわからないですけど、PC版のナイトメアは結構痺れますね。ウォーリアーでハンマー振り回してる奴とガンガン殴り合うのがやっぱコンバットRPGの醍醐味だと再確認。快感(笑)。
 時間はかかりますけど。ポーズしまくりだし、ある程度レヴェル稼がないと先が心配だし。

 ソラス・ラヴに失敗なんてあるんすか。やっぱ、あいつふてえ野郎だ。こっそりプリマガイド見ておこう(おいおい)。

ここまで教皇ageしたら却って胡散臭く見えるのは、私がクリスチャンじゃないからか・・・と思ってたら、あっちでも「俺、こいつが実はフレメスじゃないかと思ってたんだ」とか「もしジャスティニアが、フレメスの娘の一人だとしたら?」みたいな憶測が結構あったようで。まー、DA2であんだけ皆レッドリリウムやブラッドマジックで狂人化するの見せられたら、そら疑いますよね。

正直、教皇とジゼルは見せ方をミスったキャラだと思います。ここら辺、舞台のモデルは中世ヨーロッパなのに、チャントリー信仰の形態が妙にピュアというか現代アメリカ的な所が違和感の原因なんでしょうけども。
政敵を破門や異端扱いに追い込む事ぐらい、オーレイのゲームでは普通にあってもおかしくない筈ですが。

 なんか料理の仕方がBioWareらしくないですよね。宗教ネタを選ぶところは「らしい」のですが、元々それは忌避すべしという鉄則を守るべきだったのかも。煮え切らないのは世相のせいかな。
 USでも黒人、女性大統領はあり得るけどクリスチャン以外はあり得ないわけだから。国教はないとか言ってるけど、実質「大統領の宗教は問わない、クリスチャンであるなら」ですもん。 

 私も最初は、皇帝(女帝)、女教皇(ディヴァイン)、それと新教皇(インクイジター)あたりのみつどもえ陰謀合戦も期待していたのですが・・・。インクイジションが実質チャントリーになってしまった。
 あと、悪い人がただ悪過ぎたり、間抜け過ぎたり。DA2のように善悪がよくわからんという話にはならない。評決のシーンなんて、大抵は最初から死罪以外に誘導するような造りだし。
 
 現代アメリカンな、ナイーヴでピュアな宗教観なのはそのとおりで、カサンドラが一番近いのでしょう。大抵のアメリカ人は聖書(チャント・オヴ・ライト)なんて最初から読んでないけど。

 ウォーデンの要塞を攻めるのは、「エグザルテド・マーチ」(聖なる行軍)と呼んでしまっていいはず。「神の軍隊」が世界最強。もろにそう強く打ち出せばいいのに、なぜか遠慮気味。そこだけカナディアン?

 ジゼルは、私も勘違いして記事で恥を曝してますが、マザー・テレサちゃうんですね。あれ、ビルマ(ミャンマー)のなんとかスーチーだわ。狂信的危なさは一緒。
 あの国を勝手にクリスチャン化しようとしている(マザー・テレサも最初はもちろんそうだった)。そうであるなら、きちんと危ない世界を見せて欲しかったが、ジゼルもどんどん先すぼみ。ロードリックは死に際善人になるし。
 こんな際どいことやっちゃったらやばいかなあ、と悩むこともせず、ごく普通にこういう「脱色された」お話になったのではないかと勘ぐっています。そんなベタな抹香臭い話を誰が面白がるかというと・・・。んー。やっぱアメリカン?

 
 今作の物語はDA2.5と見るとして、チャントリー温存は、きっと次回作のため。ブラック・ディヴァインも温存。結局宗教ネタが続いてしまうのか・・・。そろそろEA審問会が本格的に介入?
 

ありがとうございます。(笑)

>(ぬるま湯的)おっさん向けのゲームはしたくない
同感です。
というか、RPGを遊ぶ中年のプレイヤー側は、ヤワじゃないですからねぇ。
面白いものであれば、ボヤキながら頭捻りながら長期耐久レースも辞さない、といった経験だってあるでしょう。

MLがウケ狙いで、アヴェリン・エピソードを挙げてしまうところに問題があるような。
らしいっちゃ、らしい。(笑)
今思えば、DA2のライター・チームは頑張りましたよ。
頑張って頑張りすぎて、「悪ノリ」の領域に踏み入ってしまった結果、アンダースやリアンドラのエピソードまで生んでしまった、そう思います。
過ぎたるは及ばざるが如し、でしょうか。
悔しかっただろうなぁ…。

彼らのアンダースに関する、リヴェンジの一つがコール登場でもあるのでしょう。
って、小説からかよww。
ついでに言えば、Vaniさんご指摘のエンディングのエピソードが「The Masked Empire」からならば、冒頭とフェイドのジャスティアニは「Asunder」のウィンがヒントになってるのではないかと思ってます。

ばにさん、おひさ&あけおめです。
寝正月ならぬDA:I正月になってましたw
PS4版でプレイしてます、まだ1周目でクリアしてませんが・・・。
フェイドにも足を踏み入れました。鏡見るとステータス上がったりとかで、ああシリーズ恒例行事ねと、ハイハイいいながらプレイしてたと思います。

3度目となるとさすがに飽きてくるというかなんというか。
ヴァリック連れてたんでホークとの会話が少し面白かったですがw
今回のフェイドは各キャラのネガティブ面での掘り下げもなくイマイチだったなぁと。
ホークとの共闘はうれしかったけどw
SSにある男ホークだとストラウドさんとのツーショットはなかなかむさすぎですねw
自分は女ホークだったのでそこまではなりませんでしたが。

では、今年もよろしくお願い致します。

B様
 MLは自虐的でなく、本心からあれが「お気に入り」と言っていたのでやばいなあ、と思った次第です。敢えて「古くさいラヴロマンスを持ってきたんだよ」、と言ってくれればまだ安心したのですが。DA2の話は良くできてるところ多かったです。ああいうのが受けないとしたら、時代ですかね。

 ここに出てくるスピリット。あれは何だったのか、どう見るかで大きく違いますよね・・・。
 ナイトメアがどでかい「不安」(Fear)、「恐怖」(Terror)の塊であるなら、「知恵」(Wisdom)の塊? そうではなくて「信仰」(Faith)の塊?
 個人的には(宗教性が薄まる)「知恵」と考えたいんですが、ウィンとの関連を考えると「信仰」になっちゃいますね。どうしても、宗教性に誘導しようとしている気がします。この先にもうひとつの可能性が提示されますが、それすら宗教的。
 
 エンディングに関する感想・愚痴は別途記事にします。よろしければ、そちらにもつっこんでください。 

 

りょう様
 .おひさ、あけおめ、ありがとうございます。
 私も年末年始DAI爆走と思ってましたが、若くもないんでさすがに言うほどできなかった。

 あ、言われてみればそうですね。フェイドに限らず、今回コンパニオンのネガティヴ面は、なかなか見ることができない。コンパニオンのタロット・カードが、いつの間にかダークなものに変化してるときがありますけど、「なんで?」と理由が思いつかない時が多いし。

 皆にめたくそ嫌われてみたらどうなるのでしょう。試す元気もないんですが。二回目は女性ホークで、ヴァリックを連れて行くつもりですが、あの選択に悩んでいてなかなか踏ん切りがつきません。
 今年もよろしく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】フェイド(確執編):

« 【DAI】フェイド(DAIプロット説明編) | トップページ | 【DAI】感想など二発目、エンディングねたバレ注意。 »