フォト
無料ブログはココログ

« あ、今見たら | トップページ | Last Flight 2(1) »

2014年9月17日 (水)

Last Flightを読み進めて

 Last Flight、二章以降も読み進めてみました。
 Kindleの読み上げ機能がとっても重宝しています。自力で(目で追うだけで)読むよりも、各段にスピードは速まっている。ごく限られた時間しか読んで(聴いて)いないのに、すでに第4章あたりにさしかかっています。
 「読み上げ機能」、当初はご多分に漏れず(ほんとうに機械的に読むだけだろうと)バカにしていたのですが、聴くに堪えないレヴェルでは全然なくなっている。
 固有名詞はさすがに「?」なときが多いですが(ワイズホプト "Weisshaupt"のように英語由来ではない単語は、「シャプ」とかなんとか、正直なんと言っているのかさっぱりわからない)、イントネーションも工夫がされていて、ときたま変なときがあるくらい。

 この分野さほど詳しくないので、日本語(漢字かな交じり)でも高い水準で成立するのか(しているのか)どうかしらないのですが、やっぱ表音言語の英語は楽なのでしょうね。もっとずっと規則的に発音される仏語はさらに完璧に近いのかな?

 Last Flightの中身ですが、んー、最初の印象どおり展開もアニメチックな趣きが強いと感じます。その分、ゲイダーさんやパトリックの書いたものより読みやすいのも間違いないのですが。
 第一章最後で主人公が発見した手記の主は、伝説のエルフ・ウォーデンであるガラヘルの姉妹、Isseya(イセヤと読んでおきます)でした。彼女もガラヘル同様、ウォーデンのグリフォン部隊にリクルートされていた。
 だが今回もまた、"sister"は姉なのか妹なのかまだわからない(笑)。途中でわかるのかどうかさえ定かではない。日本人はこれでは困るので、とりあえず「妹」にしておきましょう。よって、第一章最後の"brother"という呼びかけは、「兄さん」となるわけです。直しとかなきゃ。
 後先考えないほど自由奔放な行動派で金髪超美形の「兄」と、寡黙で人付き合いが苦手で慎重な性格の(エルフなんでおそらく普通に美形な)「妹」。すでにこの時点でアニメの乗りっすよね・・・。

 ダークスポーンの包囲に見舞われたアンティヴァの首都、アンティヴァ・シティーから国王他の上流階級の者たちを脱出(エヴァキュエイト)させるのがグレイ・ウォーデンのミッション。ただしグリフォン隊の乗騎は数がごく限られており、騎手の他一度にひとりづつしか空輸できない。

 ウォーデン・コマンダーは、自衛手段をほとんどもたない首都の防衛は最初から無理であるとして、冷徹に脱出を勧告するのですが、安穏な生活を手放したくない国王たちは、なんとか踏みとどまりたいあまりに決断を先延ばしにしそうな雰囲気。ありがちなデザスターの予感。
 
 悩みは、紹介方法ですね・・・。Asunder、クライマックス以外は基本要約方式で各章の一か所か二か所だけ台詞をべた訳。The Masked Empireのときは、基本要約で一部べた訳。この方法は時間がやたらかかるし、本当に疲れるので避けたいのですが、楽ちんな全部べた訳はさすがにまずかろうと。勝手に流用されて(それ自体は構わないが)こちらがお縄になるというのはご免だから。
 なんらかの瑕疵を織り込まなければならないが、(途中を省略する、一ページとばすなどして)物語の意味が通じなくなるのは困る。

 お気に入りのシーン(各章で一カ所か二か所)についてはべた訳、それ以外は「あらすじ」程度の記述。
 労力を減らすため、そんな感じでやっていきたいと思います。他になんかアイデアあったら教えて下さい(べた訳して読みたい人だけに配信して読ませるってのは、コピペを防ぐ手立てがなく、なんの意味もないので不可)。

« あ、今見たら | トップページ | Last Flight 2(1) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

DA: Last Flight」カテゴリの記事

コメント

Last Flightもいずれは読みたいと思っていますが、DAIとどのように関連するかが気になっています。DAIでグリフォン登場(するのかどうなのか知りませんが)の伏線になってたりするんでしょうかね?Wikiで見たオーレイのGriffon Wing Keepという地名が何か意味深に思えてきました。

 紹介記事はじめたので、ご自分でお読みになるつもりならスルーされたほうが良いかも。
 私個人は、DAIとはほとんど関係しないと読んでいるのですが・・・。
 果たしてDAIにグリフォン出るのかなあ・・・。DLCあたりで?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Last Flightを読み進めて:

« あ、今見たら | トップページ | Last Flight 2(1) »