フォト
無料ブログはココログ

« The Masked Empire, Chapter 1 (全訳1-2) | トップページ | The Masked Empire, Chapter 1 (全訳2) »

2014年4月 6日 (日)

The Masked Empire 1(2)

 申し訳ないですが、要約版に思いのほか時間がかかりそうなので、こまめにアップすることにします。全訳版とは(1)、(2)など表題の括弧内の数字で紐づけているつもり。

***

 貴族の召使たちが着用しているマスクは、自分の仕えている相手を示すため、大抵は主人の簡素版になっている。マスクは、外出など単独行動をとっている間、召使たちの身の安全を守るためにも役立つ。召使たちへの侮辱は主人への侮辱と同義であるからだ。

 ブリアラは、ヴァルロヨーの宮廷内でマスクの着用を許されている数少ないエルフだ。彼女は女帝セリーンの幼少の頃からの侍女であり、彼女のマスクは女帝自身のそれの簡素版であったが、そのエルフ特有の長い耳を隠しはしない。 

 ブリアラは、今宵の舞踏会に先立つ晩餐会の準備であわただしいシャトレイン(宮廷内の家政を取り仕切る女主人の職名)に呼び止められた。いつも舞踏会では女帝の着付け女たちと一緒に作業するブリアラは、今日に限って珍しくその仕事から外されたのだ。普段は周囲の召使たちをがみがみと叱り飛ばすシャトレインが、今日はいつになく穏やかな物腰なことを、ブリアラは奇妙に感じた。彼女のマスクが髪の束を挟み込んでおり、カフの留め金もひとつ外れている。いずれも宮廷召使いの身だしなみとしてあるまじきことだ。 

 シャトレインから、料理の準備に粗相がないようコックたちにくぎを刺すよう言付かったブリアラは、厨房へ向かう道すがら、シャトレインの密かな情事が女帝の身の安全に無関係なものであるのかどうか思案していた。だが、大いなる権力の「ゲーム」が戦われているここヴァル・ロヨーで、しかも女帝そのお方の手ゴマのひとつとして、それに勝つ覚悟を決めているブリアラにとって、無関係なものなど何もない。もちろんセリーンがその地位を追われれば同時に職を喪うシャトレインが何らかの陰謀に積極的に加担しているはずはない。誰の道具として使われているかが、問題なのだ。 

 世界中の料理の支度が整えられている厨房では、コックの女性リレーヌがブリアラをにこやかに迎えた。肉料理の加減について粗相がないようにとのシャトレインからの伝言を伝えたブリアラは、さらにリレーヌに、賓客のリストに直前の変更がないかどうか、シャトレインのところに誰か人をやって尋ねたほうがいいと忠告する。リレーヌは厨房で働く娘の誰かを遣わせると約束する。 

 厨房からの帰り道、宮廷の中を見て回っていたブリアラは、迷路状の庭園が眺望できるヴェランダで、横柄な態度の衛兵隊長に呼び止められた。宮廷のコックたちは来客の前に出ないのでマスクを着用しないが、貴族の顔だちをしていた衛兵隊長も素顔を曝している。衛兵はマスクを着用しない。武装した暗殺者が容易に女帝の傍に近づけることがないようにとの配慮だ。 

 衛兵隊長は、エルフへの蔑視を隠そうともせず、また同時にその身体に下品な興味を示しながらブリアラに近づいてきたが、彼女には、男の真意がそのどちらにもないことに気が付いた。女帝に直接仕える身分の特権を行使してその場から急いで立ち去った彼女は、迷路状の庭園へのブリアラの視界を塞ぐように衛兵隊長が近づいてきたこと、相手の鎧の胸板の留め金がひとつ曲がっていたこと、男の首筋に接吻の跡があったこと、シャトレインの好きな香水の匂いをさせていたことなどから、何かを企んでいるのが誰で、それはどこで行われようとしているのかについては整理できたと思った。だが、何を企んでいるのかは探らなければならない。

 ブリアラは、コックが遣わしたエルフの娘ディシレアに呼び止められた。彼女によれば、シャトレインは直前になってバードのメルセンドレを招待リストに追加していた。ブリアラはエルフ娘に衛兵隊長の今日の行動を探るように命じると、自分はそのまま迷路状の庭園に向かうことにした。狩りのために。

 

 

 

« The Masked Empire, Chapter 1 (全訳1-2) | トップページ | The Masked Empire, Chapter 1 (全訳2) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

DA: The Masked Empire」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Masked Empire 1(2):

« The Masked Empire, Chapter 1 (全訳1-2) | トップページ | The Masked Empire, Chapter 1 (全訳2) »