フォト
無料ブログはココログ

« 【NewME】Stop Calling “the Next Game Mass Effect 4″ | トップページ | 【NewME】The New Mass Effect Game(2) »

2014年2月20日 (木)

【NewME】The New Mass Effect Game

 前回記事を読み直したところ、New Mass Effectがどんな内容になるか、ひとつ答えを思いついたような気がします。

 前回紹介したBioWare Montrealスタジオのボス、ヤニック・ロイ氏の発言は、PR活動に不慣れなせいか意図せず真実を伝えてしまっていると考えてみます(New Mass EffectはBioWare Edmontonスタジオで開発中)。
 彼はWWIとWWIIのアナロジーを用いて、前者がこれまでの三部作(シェパード艦長のストーリー・アーク)、後者がNew MEであるとみなし、後者は必ずしも前者の「続編」である必要はないと述べている。

(ロイ氏の発言自体は次のリンク先記事に記載されています)
http://segmentnext.com/2013/02/07/stop-calling-the-next-game-mass-effect-4-bioware/

 これがこのまんま「真実」を言い表しているとしたらどうだろう。

 New MEがシェパード艦長のストーリー・アーク(ME1-3)の「プレクエル」でも「シークエル」でも「外伝」でもない、というのは端的に「ME三部作と直接繋がるキャラクターが登場しない」と解釈できる。
 ME三部作に先立つストーリーなら、アンダーソンやイルーシヴ・マンなど、その他誰であっても三部作に登場した人物が登場することはない。外伝もシークエルも同様。

 そうであっても、ME銀河の(三部作で描かれた「サイクル」の)「時間軸」を用いることができないことを意味するわけではない、という意味でしょう。

 話を整理するため前提を置きましょう。
 この前提のひとつでも違ったら、以下の私の予想はほとんど無意味となってしまうのですけどね。

・新しい物語はME三部作と直接関連しない。具体的には三部作に登場したキャラクターは登場しない(注)。
・ヒューマニティが活躍する(ヒューマンが主人公とまでは言わない)。
・舞台は三部作で描かれたME銀河で、かつ、同一サイクル内(サイクルが消滅した後を含む)である。
・物語はエピックである。舞台はME銀河の一部分(既知世界、例えば太陽系のみ)に留まらない。

(注)味付けとして、寿命の極端に長いアサリ・キャラクターや、寿命自体がないシンセシス・キャラクターの登場はあるかもしれない。

 これら前提条件は「商売上」の要請とも考えられる。新シリーズなので内容は斬新でなければならないが、ヒューマニティの登場・活躍のない物語はまず受け入れられない(繰り返しますが、必ずしも主人公である必要まではない)。ファミリアな(慣れ親しんだ)銀河という詳細に描きこんだ舞台設定(すなわちロア)を棄てることはしない。MEフランチャイズがAAAタイトルである以上、物語はエピックでなければならない。
 現にBioWare関係者(EdmontonとMontrealのGMであるアラン・フィン氏)も、New MEは”ambitious, fresh yet recognizable”(野心的で斬新だが馴染みあるもの)であると述べていました。

 ヒューマニティに関するMEユニヴァースのタイムラインは次のとおり。

2148CE ヒュ―マニティが火星で高度に発達した技術を有する異星人文明の残滓を発見。
2149CE 冥王星の公転軌道上にマス・リレーを発見。
2157CE テューリアンと遭遇。ファースト・コンタクト・ウォー勃発。
2172CE シェパードがシステム・アライアンス軍に入隊。
2183CE エデン・プライム・ウォー勃発(Mass Effect)。
     バトル・オヴ・ザ・シタデルに勝利。
     SSVノルマンディ撃沈(Mass Effect 2)。
2186CE リーパーズ襲来(Mass Effect 3)

 三部作に「先立つ」時間軸を舞台とすることは難しい。ヒューマニティがマス・リレーを発見する前の時代は、ME銀河のごく一部しか舞台にならない。マス・リレー発見からリーパーズ襲来までは30‐40年程度のタイムスパンしかないわけで、三部作に登場するキャラクターと一切関係しないストーリーをエピックに(注)描くのは土台無理。(デヴィッド・アンダーソンがアライアンス・アカデミーを卒業するのが2157CE)。
(注)マス・リレーを発見する物語では、舞台の範囲も、用いる技術も限定され、登場する種族もヒューマニティに限定されることなどからとてもエピックとは呼べない。

 よって、三部作に「先立つ」舞台設定は「ない」と思われる。同様に三部作と同時代を舞台にした「外伝」(三部作でも数名しか登場せず、詳細ほとんど描かれていない「スペクター」たちの活躍などが思いつく)も「ない」。

 残るは「後に続く」時代の物語となるわけです。「十分に遠い未来」を設定することにより、同一銀河(の同一サイクル)を舞台にして、かつ三部作のキャラクターの登場が事実上不可能になる時代を描くことができる。「ファンの慣れ親しんだ舞台」を用いて、「斬新なストーリー」を展開することができる。ウィン・ウィン・シチュエ―ション(笑)。

 ところが、ここにひとつ大きな障害が残っている。

 ME3エンディングの取り扱いが大変面倒ですね。
 まず、私が「Null値エンディング」と呼ぶ「リーパーズ勝利エンディング」はカウントしない。あれはDLCで導入されたものであるし、ただの「ゲーム・オーヴァー」の一種なわけだから、それをカウントするなんて言っちゃあおしまいでしょう。

 それを除外しても、かなり取扱いが面倒なのは「緑」(シンセシス)エンディングであるのはお気づきのとおり。

 「赤」(デストロイ)と「青」(コントロール)については「歴史は必ず繰り返す」というセシス(テーゼ)を無理やり持ち込んでなんとかなる。「赤」で完全に破壊され、「青」でシェパードの意志に従ってME銀河から立ち去ったとされたシンセティック。「十分に遠い未来」を舞台にするのであれば、シンセティックが復活する理由はいくつか考えることができます(すでに劇中でそう仄めかされていましたね)。または、シンセティックの登場は必ずしも必須要件ではないと考えることもできます(そんな寂しい、もったいない設定にすることはないと思いますが)。

 ところが「緑」(シンセシス)では、全銀河のオーガニックがDNAレヴェルで改変を受けてしまうとされている。シンセティックとの境界が曖昧となり、進化は絶頂を迎える(よってリーパーズ自体の存在・役割が無意味となった)。

 前記事で紹介したプリーストリー氏(当時のPR担当)の発言では、New MEでは「ME3のエンディングから『正典』を選ぶ必要はない」となっている。この発言の解釈が難しい。
 「リーパーズ勝利」以外のどのエンディングでも辻褄が合うようにするには、「緑」をなんとかしなければならない。

 WWIとWWIIのアナロジーを用いるなら、最初の大戦の後、敗戦国は徹底的に武装解除された(「赤」)が、その後密かに再軍備した、国際的平和維持組織(国際連盟)が設立された(「青」)が、個別国家の利害が対立し平和実現に挫折した、などを想起すれば、「歴史は繰り返す」説が(論理的に間違っているのに)いかに強烈な先入観として生き残っているかわかりますね。
 でも人類がDNAレヴェルで改変されて戦争を放棄した(戦争を行う理由を喪った)(「緑」)。これはなかなかひっくり返せないでしょう。
 アナロジーとしては(下手くそですが)、例えば第一次大戦後にEUのような全欧組織が設立されて、域内戦争を合理化する理由が成立しなくなった、など。

 先祖がえり? 
 DNAを変質させる病原体? 
 三部作で活躍した種族を滅び去った「始祖」扱いにしてしまう?(ヒューマニティだけが生き残る?)
 パラレル・ワールド? 

 どれも、あまりに陳腐ですよねえ。

(BioWareがME3からのセーヴ・ファイル・インポートを計画しているという説もある。この場合、全てのエンディングに辻褄をつけて「ひとつ」の未来に収束させることは可能。あるいは、「新しい未来」を全てのエンディングに見合った形で分岐させることも可能。前者は「プレイヤー選択に意味はなかった」批判を浴び、後者はNew ME冒頭から今後の全編にわたる辻褄合わせが大変。故に私は、インポートはしないと予想しているのですけどね)

 続きは後程。

« 【NewME】Stop Calling “the Next Game Mass Effect 4″ | トップページ | 【NewME】The New Mass Effect Game(2) »

ゲーム」カテゴリの記事

Mass Effect Andromeda」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【NewME】The New Mass Effect Game:

« 【NewME】Stop Calling “the Next Game Mass Effect 4″ | トップページ | 【NewME】The New Mass Effect Game(2) »