フォト
無料ブログはココログ

« BioWare New IP | トップページ | BioWare New IP ワイルド・ゲス(2) »

2014年1月14日 (火)

BioWare New IP ワイルド・ゲス

 ここのところDAIリリース延期恨み節ばかりやっていたので、Mass Effect方面の話がすっかり抜け落ちておりました。

 実は昨年のうちにME4(仮称)の開発風景が公開されていたようです。主としてBioWareスタジオにおけるMEチームの開発作業風景の写真ですが、開発者PCのディスプレイに映った画面をIGNエディターたちが分析したヴィデオがIGNサイトで閲覧可能です。下のリンク。

"Next Mass Effect Game Described As Fresh, But Familiar "

http://www.ign.com/articles/2013/12/20/next-mass-effect-game-described-as-fresh-but-familiar

 次はそのうちYoutubeで鑑賞できるヴィデオ部分。

"Mass Effect 4: Image Analysis "

http://www.youtube.com/watch?v=4Kx9AANJTOk

 ただしそこでは、ケーシーのかねての約束通りMass Effect銀河を舞台にした作品であるということがわかる程度。シェパード艦長のストーリー・アーク(リーパーズ襲来)以前のお話なのか(例えばテューリアンとのファースト・コンタクト戦争、バタリアンとのスキリアン・ヴァージをめぐる植民星紛争)、それともリーパーズ撃退後の銀河復興のお話なのかもわからない(上はStar Trekオリジナル・シリーズの時系列的なプリクエルであるEnterprise、シークエルであるStar Trek Next Generation他からの連想)。シェパード艦長の物語と同時進行、「外伝」扱いだとすると、リーパーズ撃退以上のクライマックスを用意することなどまずできないはずだから、ちょっとどうかと思います。

 IGNエディターによれば公開画像の画面にはテューリアン似のキャラクターなどが見えているそうで、(銀河航行可能レヴェルまで進化・進歩した有機生命体がリーパーズによって一掃される「収穫」サイクルでいうところの)異なる時代サイクルのお話ではなさそうだ。

 異なるサイクルにおいては、シェパード艦長のサイクルと同じようにアサリなどが銀河航行種族になる保証はなにもない。現に直前のサイクルで銀河を制覇していたのはプロシアンだったわけで、彼らがアップリフト(知性化)しなければアサリは数もまともに数えられない程度の知性のままだったかもしれない。ヒューマン、テューリアン、サラリアンなどで言えばそれぞれ(地球でいうところの)猿、鳥、両生類(サイクルを跨いで生き残ったプロシアンのジャヴィックはトカゲと間違えていたが)に似た状態のままだったのかもしれないし、それら同様アサリ独自で進化したとしても、アップリフトがなかったら全く別の方向に進んだかもしれない。

 そしてジャヴィック曰く、「このサイクルには眼がふたつしかない種族が多すぎる」。他のサイクルでは、左右対称ベース、酸素呼吸(あるいは酸素に害されない)、最大身長6フィート以内の、音声(言語)を介してコミュニケートする生物が知能の面で優越的になるかどうかわからないし、そもそも「視覚器官」に大きく頼る生命体かどうかもわからない(まあ、Mass Effectのようなヴィデオゲームでそれやっちゃうのは無理でしょうが)。

(余談)アサリのモデルはハッキリ明言されていなかった気がするが、退化した触手からみてタコなどの軟体動物だったのだろうか。そういうジョークはジョーカーがしつこく繰り返していたはずだが。ところがリーパーズ自体の形状・洗脳能力は、自らを生み出したリヴァイアサンと呼ばれるコウイカに似た(ただしとても巨大な)水棲種族のそれらを模している。アサリ・タコ起源説はこれと被っているのでどうかなと思うし、ハナ―もどうやら軟体動物がモデルのようだ。またアサリの生殖に関する特徴は地球上の「動物」の「生殖」とは異なっているのでオリジンは別なところにありそう。もしかしたら(ミトコンドリアのイメージで)共生(寄生)生物由来なのだろうか?

(余談の余談)ちなみに(リアル地球では)コウイカは軟体動物の中で最も知性が高い生物とされているそうだ。

 わざわざ断る必要もないくらい、ここまで全部「余談」の塊ですし、表題である新IPの話題の入口にすら到着しなかった・・・。

 登場人物の誰もガンやソードを振り回さない(振り回せない)、紛争解決に暴力を用いない(用いることのできない)、ハナー、エルコア、ヴォラスなどの種族が大活躍するヴィデオゲームは(シャレ以外で)作るはずがないし(ゲーム内には内輪のシャレでハナ―のスペクターが大活躍する映画がありましたし、BioWareはそれを題材にしたコミックまでリリースしましたが)、平均的プレイヤーと知性のレヴェルが変わらない(失礼)、ヴォーチャが主人公になることもありえない。
 結局はシェパード艦長のシリーズの遺産を引き継ぐことになりそうですね、というお話でありました。その物語の時点から見て将来のことが読者・観客に予めわかっている「プリクエル」はどうにも好きになれませんので、個人的には時系列的な「シークエル」を希望。一旦終わり。

« BioWare New IP | トップページ | BioWare New IP ワイルド・ゲス(2) »

ゲーム」カテゴリの記事

Mass Effect 3」カテゴリの記事

Mass Effect Andromeda」カテゴリの記事

BioWare New IP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BioWare New IP ワイルド・ゲス:

« BioWare New IP | トップページ | BioWare New IP ワイルド・ゲス(2) »