フォト
無料ブログはココログ

« BioWare New IP ワイルド・ゲス | トップページ | BioWare New IP ワイルド・ゲス(3) »

2014年1月14日 (火)

BioWare New IP ワイルド・ゲス(2)

 そういえば、DA2では主人公は「ヒューマンのみ」という設定が発表されたとき、ファンから怨嗟の大合唱があがりました。DAI主人公も開発サイドは当初ヒューマン一本と考えていた節がありますが、今ではクナリまで含めた四種族に広がった。
 DAOでは三種族から選ぶことができたので、DA2での「縮小再生産」に怒ったと考えるのが自然でしょうね。

 Mass Effectシリーズでその手の嘆き節が聴かれたことは寡聞にして知らない(なんでもくれくれ言うファンはいるだろうから、どこかで騒いでいたのかもしれない)。

(ME3マルチプレイでは、プレイヤーが操作するキャラクターは当初ヒューマンのみ選択可能だが、功績によるアンロックを通じて複数種族から選べるようになる。最後はヴォラスまで選べるそうだ。まったくプレイしていないので知らんけど)

 ME4(仮称)がDAOのように複数種族のオリジン(背景物語)を有する作品になるって考えたらどうなんだろう、そう書いてしまってから「ひょっとするとありそうかな」と思っちゃいました。
 リーパーズ撃退後の世界が舞台ならバッチリはまりそうですね。主要種族はボロボロになった自らの主星系に戻り、その主惑星で復興を進める立場にたつ。主人公は銀河文明社会の再建・復興者である。シェパードは軍人・戦士のロール・モデルだったけど、今度は大工・石工のイメージ。

 反論どうぞ。

1.「どの」エンディングのシークエルだよ? ファン(?)はあの中の「どの」エンディングも認めていない。さらに言えば「赤」でも「青」でも「緑」でもないNull値エンディング(エクステンデド・カットで導入されたリーパーズ勝利のエンディング)の場合どうすんだよ。BioWareが勝手に「正典」(カノン)を持ち込むのが許されないのはわかっているんだろうな。

 まあ、Null値エンディングを選んだプレイヤーはご愁傷様と切り捨てることにしても、「緑」は確かにきっついなあ。ぶっちゃけ不老不死でしょ? 物語として成り立たないよね(皆が不老不死なのに、どうして戦争でわざわざ死ぬのか。かなりのこじつけが必要)。ケーシーたちがME3以降のシークエルを予め計画していたのだとしたら、そこは考えなかったのかと真っ先につっこみたいところ。だからME4はシークエルではないという強烈な根拠にもなりうる。

 ME3のエンディングにあわせてME4の設定が(物語冒頭からはじまって全編)変わるなんてことはとてもできないという前提。一本の設定で、すべてのエンディングのその後として描かれるようにしなければならないと考える。その場合、「赤」と「青」のエンディングの辻褄合わせは、「緑」に比べれば遥かに楽ちんですね。

 「緑」の苦しい言い訳として思いつくのは範囲を限定してしまうこと。「最後の戦いに臨んだオーガニックとシンセティックのみ融合してシンセシス・ハイブリッドとなった。他は影響を受けなかった」とか? ロンドンの戦いに参加した兵士がハイブリッドに変わるシーンはあったので、「地球の戦いに参加していた者のみ」シンセシス・ハイブリッド。これならなんとかマネジャブルかな。ただし、どの場合でもシンセシス、それからシンセティック(ゲスの皆さん、とは数えないか)は、主人公オーガニックと二度と接触しないということにしないと成り立たない。「青」と矛盾するからね。

2.マス・リレーも使えなくなったのに、それぞれどうやって母星系まで戻るんだよ。FTLジャンプを繰り替えすってのはいかにも無理があるぞ!(タリが生き残っていたとしても、その旅でおばあちゃんになってしまう)。

 そこはそれサイファイご都合主義。例のなんとかいう未発見素粒子かなんかを手掛かりに、あるいはダーク・マターでもなんでも使ってマス・リレーなしでも星系間航行が「できちゃいました!」とかしちゃえばOK。この銀河にはウラシマ効果だってないんだからなんでも大通しだ。

3.シークエルなら、当然シェパード艦長やノルマンディ・クルーの偉業が「伝説」として語られるはず。ところが前作までの場合分けがあまりに多すぎるので、すべてをフォローするのは大変である。 

 いやそんなことをする必要はない。ノルマンディとシェパードの活躍は途中までハケット提督はじめアライアンス他の銀河連合軍がトレースしていたのですが、シェパードもアンダーソンもロンドンの戦いで消息を絶ってしまいました。ノルマンディ搭乗員についてもシタデル起動後に戦闘中行方不明(MIA)。
 シタデルがどうして起動して、何故に銀河諸種族が救われたのか、シェパードとノルマンディがそれにどのように寄与したのかは、まさに「神話」、「伝説」として後世の皆が好き勝手に語っているだけになるでしょう。  

 ご指摘のとおり、キャラクターの運命についての場合分けがあまりに多すぎるので、すべての主要人物を実際に登場させる(あるいは死んでいる場合は誰かにエピソードを語らせる)ことは難しいし、なによりファン・サーヴィスでしかない面もあるので冗長でしょう。各種族(とびぬけて長寿なアサリを除く)の世代が何度か変わったあたりに時代を設定する必要があると思います。100標準年後とかですかね。そのくらいの期間ではリーパーズに蹂躙されたどの惑星も復興はまだ途上のはず。

 個人的には、シリーズ通じてコンシステント・クルーであったジョーカーとリアラ(ME2ではわけあってサボりましたが)は、何らかの形で「真実」を伝える役目があると思う。ジョーカーは日記やヴィデオを残しているとか。リアラについては、まだその時点でぜんぜん生きているはず。たかだか200歳ちょいですからね。
 まことに残念なことに、(シンセティックまたはシンセシスとなった)EDIは全部のエンディングをひとつの設定で満足させるという条件に抵触するので登場させられません。「緑」エンディングは選択肢に含めることを避けるべきだったとつくづく思う(もちろんシークエルを出す気がないなら構わない)。

4.やめろ! すべては洗脳だったのだ! こんな話は最初から不毛だ! 

 まだ言っとんのかい。

 ということで、ME4がシークエルであることを希望する私にとっては、非常に厳しい状況にあることがわかります。バッサリ、実は「赤」が「正典」でした、とやっちゃえばいいのに、とまで思うのですが、その意味での「正典」が「緑」なんですよね・・・。

 いっそ、「緑」の世界でシークエルをやるのか。皆がシンセシスになっていて、長寿どころか、事故や戦闘でもない限り永久に死なないの。イモータル。とってもつまらなそうなので、避けてほしいなあ。

 そろそろ新IPの話題に移りたいのですが、またしても余談で力尽きました。下準備もあるので一旦終わり。

« BioWare New IP ワイルド・ゲス | トップページ | BioWare New IP ワイルド・ゲス(3) »

ゲーム」カテゴリの記事

Mass Effect 3」カテゴリの記事

Mass Effect Andromeda」カテゴリの記事

BioWare New IP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BioWare New IP ワイルド・ゲス(2):

« BioWare New IP ワイルド・ゲス | トップページ | BioWare New IP ワイルド・ゲス(3) »