フォト
無料ブログはココログ

« 【DAI】Gameinformer記事概要(2) | トップページ | 【DAI】Gameinformer DAI Hub »

2013年8月 8日 (木)

【DAI】新コンセプト・アート

 Dragon Age Twitterにパラパラとアップされるコンセプト画像。

Pride_despaired_2

「彼の者ら目を澄ませしは、驕りがつくらんとし、やがて思い撓み(たわみ)しもの」

"They looked on what pride had wrought, and despaired."


(以下訳者のぼやき)

 今のところこれが一番自信がない。なんちゃって古文になってますしね(仮名遣いまで直すのは許しておくれ)。詩文でかつ古文という二重苦です。

 テヴィンターの廃墟かなあと思って訳を考えました。前に掲載した「古の神の牢獄」と関連するのであれば訳文もつじつまが合うのですが。かつてテヴィンター・マジスターたちが古の神(ドラゴンですね)を捕縛しようとした施設。当然のようにどこかでまずいことが起きて失敗したわけでしょう。

 オーレイの地下水道とみる人もいて、そうなると解釈は違うでしょうね。
 また驕りが生んだ廃墟といえば、リドリー・スコットの映画”Prometheus”に登場するエイリアンの巨大なオブジェなどが連想されます。

 今の言葉で書くとこういう意味のつもりかな。

 彼らが目を凝らしたのは、驕漫が造り出そうと企み、やがて心挫けたもの。

 これでもまだhad wroughtの現代英語had workedの部分で悩んでいる。造った(やり遂げた)後なのか、その中途だったのか。個人ブログなんでこんな程度でやめますが、商売でやるならこれじゃ済まないから大変ですね。

 ちなみに他動詞のdespair(そうであることはおわかりか)は今はありません。despair of とかしないといけない。”Pride had despaired ‘something’.”じゃおかしいよなと気が付けば古語であることがわかるし、それ以前に対になるwroughtが古語なんで予想がつく。意味は”Pride had lost hope for ‘something’.”

 ダンテ「神曲」の翻訳で著名な平川教授が書いていましたが、本来大陸国や西欧の古典はポエトリィ(詩文)が主流であるのに、何故日本には小説(散文)ばかりが紹介されてきたのか。
 詩文は翻訳があまりに難しいからですね。詩情まで伝えるのは至難の業。
 逆に例えば俳句を外国語に訳する苦労も並大抵なことではないのは容易に想像がつく。というかハッキリ言ってしまえば無理でしょう。

 BioWareのシナリオには、チャント・オヴ・ライトを除けば、まだ詩文が少ないだけ紙芝居は楽です(Mass Effectにはたまにありますが)。

 

 

 

 

 

« 【DAI】Gameinformer記事概要(2) | トップページ | 【DAI】Gameinformer DAI Hub »

DAI: Concept Arts」カテゴリの記事

Dragon Age Inquisition」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1679946/52798138

この記事へのトラックバック一覧です: 【DAI】新コンセプト・アート:

« 【DAI】Gameinformer記事概要(2) | トップページ | 【DAI】Gameinformer DAI Hub »